iPhone 14シリーズ、全4機種のフロントパネルが流出か

Proモデルのディスプレイはベゼル薄型化、アスペクト比が20:9になり縦長になっているという

Iphone 14 series glass panels

2022年の新型iPhoneiPhone 14)用とされるフロントパネルの写真が流出した可能性がある。「iPhone 14」シリーズは、6.1インチと6.7インチが2機種ずつ、合計4機種が用意されると噂されている。

「iPhone 14」と「iPhone 14 Max」は従来どおりのノッチを採用し、「iPhone 14 Pro」と「iPhone 14 Pro Max」はカプセル型+丸型の2パンチホールデザインが確認できる。Proモデルはベゼルが薄型化されており、縦横比が19.5:9から20:9に変更され縦長になっているそうだ。

Macお宝鑑定団Blogが入手したモックアップを使用した検証によると、既存製品の保護ガラスは端の湾曲具合(R)が異なり、ディスプレイに対してはみ出してしまうことを確認。ディスプレイが従来に比べて細長くなっていると指摘している。

上記投稿のガラスパネルは、正確なリーク情報の実績を持つJon Prosser氏がYouTubeチャンネル「FRONT PAGE TECH」の最新エピソードでも取り上げており、正確なリーク実績を持つShrimpApplePro氏からも「本物のパネル」と確認が取れていると説明している。来月より量産開始が予定されているそうだ。

公開情報
更新日2022年04月29日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索