iPhone 14シリーズ、全機種が6GBのRAMを搭載

iPhone 13シリーズは4GBと6GBで差があったが、今年はメモリ量が統一

AppleEvent Sep2022 FarOut4016

iPhone 14シリーズ4機種は、全機種が6GBのメモリ(RAM)を搭載している。MacRumorsによると、最新のXcode 14 betaから各モデルのRAM情報が確認できたという。

iPhone 13シリーズは、通常モデル(iPhone 13iPhone 13 mini)が4GB、Proモデル(iPhone 13 ProiPhone 13 Pro Max)が6GBだった。最新モデルでは統一。一部ではiPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxにより高速なメモリの採用が噂されていたが、詳細は確認できていない。

同じメモリ量だが、採用するチップは異なる。iPhone 14iPhone 14 Plusは5コアGPUを搭載したA15 Bionicチップ、iPhone 14 ProiPhone 14 Pro Maxは最新のA16 Bionicチップを搭載している。

公開情報
更新日2022年09月09日
コメント(3件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:638690)

    まぁ、買い替えの言い訳でよく性能アップがーっていうけどA14ぐらいから重めのゲームでももう不自由ないしな…

  2. g.O.R.i(コメントID:638678)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:638677)
    同じA15って形で13と変わらない扱いですけど13Proと同等性能のA15だから性能アップはしてるんですよね

    まぁ体感できるかは謎ですね。もちろんA16も…

  3. 通りすがりの読者(コメントID:638677)

    同じA15って形で13と変わらない扱いですけど13Proと同等性能のA15だから性能アップはしてるんですよね

「iPhone 14」新着記事
トレンド検索