iPhone 14 Pro Maxは超極薄ベゼルか。保護ガラスはスピーカー用の切り込みなし

流出したCAD画像や寸法情報によると、ベゼル幅は0.47mm薄くなる

Glass Protectors for iphone14pro promax

2022年の新型iPhoneiPhone 14 Pro)用とされる保護ガラスの写真が流出した。「iPhone 14 Pro」用の保護ガラスは画面上部にスピーカー用の切り込みが用意されているが、「iPhone 14 Pro Max」用はない。

写真を投稿したリーカーのShrimpApplePro氏は、ベゼル部分が薄すぎるために切り込みがないと指摘している。

iPhone 13 ProiPhone 13 Pro Max用の全面保護ガラスは、画面上部にスピーカー用の切り込みが用意されている。

GAURUN glass film
GAURUNの保護ガラス

「iPhone 14 Pro Max」のCAD画像や寸法情報によると、ベゼル幅は0.47mm薄くなる。本体の厚みは増し、カメラユニットのサイズは大型化すると予測されている。

ShrimpApplePro氏は、著名記者やリーカーが他を示唆する中、唯一Apple Watch Series 7のデザインを正確に予測した実績を持つ。ただし同時に昨年10月のイベントでAirPods Proの小型モデル「AirPods mini」が登場すると予測したが、外している。

mini廃止のiPhone 14シリーズ、パンチホールとノッチが混在の噂

「iPhone 14」シリーズは、6.7インチディスプレイを搭載したモデルが2機種、6.1インチディスプレイを搭載したモデルが2機種、合計4機種になる可能性が高い。

Proモデル(iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Max)はカプセル型+丸型のデュアルパンチホール設計になり、カメラはiPhone 13 Proシリーズからさらに大型化すると見られる。通常モデル(iPhone 14とiPhone 14 Max)は、従来どおりのノッチを採用し、カメラは斜めに配置されたデュアルレンズ構成を引き継ぐと見られる。

iPhoneの画面内蔵Touch IDは実現しない可能性が高い。USB-Cは搭載されずLightningポートになると予想されている。

iPhone 14の噂・最新情報

32本の記事を表示する
公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索