iPhoneのUSB-C化、どう思う?”Lightning派”に聞いてみた

インターネットではUSB-C派が優勢だが、Lightningを維持したい人たちにも真っ当な言い分がある

IPhone with USBC or Lightning port 01

iPhoneのUSB-Cが現実味を帯びてきた。Appleを狙い撃ちした、「小型または中型の電化製品はUSB-Cポートを利用した有線充電機能を搭載する義務」を求めたEUの法案から始まり、Apple情報に詳しいアナリストジャーナリスト2023年の新型iPhoneでLightningからの切り替えを予測している。

インターネットではUSB-C派が優勢だが、900票のうち1割以上は「Lightningのままで全然OK(現状維持)」を選択。「USB-CでもLightningでもOK」の回答者との合計は25%以上となっており、Lightningは一定数支持されていると感じた。

Twitterで「Lightning派」がLightningを好む理由を公募したところ、様々な意見が集まったので紹介したい。

「Lightning派」の考えるLightningのメリット、USB-Cのデメリット

既存のLightningケーブルが使えなくなる問題

IPhone with USBC or Lightning port 05

現在所有しているLightningケーブルが使用できなくなることへの懸念が、圧倒的多数だ。僕も大量のUSB-C to Lightningケーブルが大量にある。使えなくなるのは、あまりにも勿体ない。

USB-C派は「iPhoneがUSB-C化すれば持ち運ぶケーブルが減る」と言うが、Lightningデバイスのみ使っている人にとっては「USB-C化すればケーブルが増える」。iPhoneとAirPodsのみ使っている人からすれば、USB-C化はかえって迷惑な話だ。Lightningを使用した周辺機器やアクセサリ、カーナビなどが利用できなくなることを心配する声もあった。

端子の挿しやすさ、強度、デバイス故障のリスク

IPhone with USBC or Lightning port 02

Lightningは、端子として使いやすい。挿し心地の良さ、挿したときの「カチッ」というクリック感、見た目の美しさが好き、という人は多い。挿し込むと固くて抜けにくい、勝手に抜けない、緩くならないことをメリット取る人もいたが、かえってデメリットとしてUSB-Cが優位であると主張する人もいた。

挿し込みやすいと感じる人も多い。確かにLightningのほうがスッと入るイメージがある。MacBook Proに挿すケーブルは毎回苦戦するが、iPhoneを充電するLightningケーブルは毎回スッと入る。不思議だ。

USB-C端子の故障経験を持つ人は、Lightningの魅力は端子の強度だと主張する。差込口の劣化がないこと、ゴミが入っても掃除がしやすいことをLightningの優位性として挙げている。ただしLightning派でも、純正品は「脆い」「付け根が断線しやすい」が共通認識。最近の編み込み型ケーブルで改善された可能性はあるが、旧型のケーブルは簡単に断線する。

またLightningが丈夫な理由として、端子の構造を指摘する声は多い。USB-Cは端子の中に平べったい基盤があるのに対し、Lightningは端子の中は空洞になっている。デバイス内の基盤が故障し修理する羽目になった人もいた。

IPhone with USBC or Lightning port 04
USB-Cの差込口

Lightningケーブルをデバイスに接続したまま折った経験はないが、折れても端末側から抜き出すことさえできればデバイスへの影響は少ないだろう。

デバイスの薄さへの貢献

Lightningを採用することで、デバイスが薄くなる、薄型化に貢献するとの意見もあった。差込口を比べるとUSB-Cのほうが高さはあるが、デバイスの厚みに影響すると言い切れない

iPhone 13シリーズは、厚さが7.65mm。USB-Cポートを搭載したiPad Air(第5世代)は6.1mm、iPad mini(第6世代)は6.3mm。USB-Cポートによって厚みが増すとは限らないようだ。Lightning派で心配している人は、安心してもらいたい。

規格の複雑さ、MFiのないことへの懸念

IPhone with USBC or Lightning port 03

Lightningは、規格がシンプルで分かりやすい。MFiライセンスは「Appleの金儲け」と批判されがちだが、純正品同等の仕様や基準を満たすサードパーティ製品を購入する上で重要な役割を担っている。詳しくない人でも、「買うべきケーブル」が選びやすいようになっている。

USB-Cは、種類も規格も複雑。表記方法だけでも「USB Type-C」と「USB-C」など複数ある(本記事では”USB-C”で統一している)。USBで切ろうものなら、USB-Aと混同する人も出てくるだろう。もちろんUSB-B(USB Type-B)もある。オージーザス。

USB-Cケーブルは「USB 3.1」「USB 3.2」「USB4」などの規格が存在し、規格ごとで最大データ転送速度や映像出力などの仕様が異なる。Macでお馴染み「Thunderbolt 3」や「Thunderbolt 4」もUSB-Cコネクタを使用しており「USB-Cケーブル」の一員だ。USB-Cの複雑さ、十分に伝わっただろうか。

Lightningケーブルは、大きく分けてUSB-C端子またはUSB-A端子の2種類のみ。大容量のデータ転送や超高速充電は想定されておらず、良くも悪くも「iPhoneの充電に特化したケーブル」だ。

iPhoneのUSB-C化で、親や年配者へのサポートを懸念する声があった。パッケージ内にケーブルを同梱しなくなった今、必要のない高価なケーブルを買ってしまう・買わされてしまう問題が心配だ。

ギズモード綱藤氏「iPhoneだけだよ!」

ギズモード綱藤氏の「iPhoneだけだよ!」が聞けなくなることを心配する人が数人いた。綱藤氏は”超アンチLightning芸人”として有名。USB-C化を誰よりも望んでいるはずだ。

Lightning派は現状に不満なし、 iPhoneのUSB-C化する場合の提案

IPhone with USBC or Lightning port 06

iPhoneをUSB-C化するメリットは何か。大きく分けて3つ考えられる。

1つ目は、ケーブルの統一。2つ目は、データ転送速度の向上。3つ目は、充電速度の向上だ。特に転送速度に対する不満はLightning派でも根強い。実現すればiPhoneが便利になることは間違いないが、すべてのiPhoneユーザーが必要としているかは別問題だ。

現実的な着地点は、iPhoneのProモデルをUSB-C化し、通常モデルで引き続きLightningを採用する、というプランだ。2022年の新型iPhoneiPhone 14)は、Proモデルと通常モデルの線引きが明確になり、Proモデルはカプセル型+丸型のデュアルパンチホール、通常モデルはノッチを採用すると噂されている。同様に端子も使い分ければいい。

Appleは、iPad miniUSB-Cポートへ切り替えた理由として、パソコンライクな使い方を想定して「周辺機器との接続性を考慮した」としている。iPhoneはあくまでも電話機であり、本来であれば接続性を考慮する必要がない。

なぜAppleは、USB-Cポートを搭載したiPhoneをテストしているか。EUのUSB-Cポート搭載を義務付ける法案が可決される可能性を踏まえて準備している可能性がある。承認された場合、2024年以降のiPhoneでUSB-Cポートが義務付けられる。

Lightning派は、「現状に不満がない」が共通認識のようだ。僕はも同じだ。Lightningケーブルを持ち歩くのは苦ではない。データ転送速度は改善の余地はあるが、iCloudのお陰で直接データを転送する機会が少ない。充電はワイヤレスがメインになっており、高速化を必要としていない。

その一方で、iPhoneのUSB-C化は反対ではない。利用できる周辺機器が増え、今までにない新しい使い方や活用方法が生まれると期待している。

Lightningは、30ピンコネクタの後継規格として2012年9月に発表。今年で10年を迎える。次の10年は、USB-Cが担うのだろうか。

iPhoneのUSB-C化

8本の記事を表示する

公開情報
更新日2022年05月21日
コメント(23件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:627033)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:626980)
    端子が壊れやすいのはType-Cじゃなくてlightningの方では? 端子剥き出しだから腐食による接触不良多いし

    端子が壊れやすいのはUSB-Cですね。
    デバイス側端子中央の薄っぺらい基盤は、一見保護されているようで鬼門になっています。ケーブル側に硬めのゴミが付着していたりとか繰り返しの抜き差しによる影響を受けやすいです。
    私の場合はどちらもトラブルにあったことないですが。

    あとLightningもUSB-Cもなかなかの粗悪品でない限り腐食しないと思いますよ。

  2. 通りすがりの読者(コメントID:626980)

    端子が壊れやすいのはType-Cじゃなくてlightningの方では? 端子剥き出しだから腐食による接触不良多いし

  3. 通りすがりの読者(コメントID:626819)

    LightningはUSB2.0規格に準規してるので
    その通信速度も当然USB2.0規格上限が理論値
    最近の大容量化したiPhoneからしてみればこの通信速度は遅すぎる。

  4. 通りすがりの読者(コメントID:626707)
    コメント先:ただの原神ユーザー(コメントID:626681)
    iphoneはeuのこともあるから完全ワイヤレス化すると予想...

    ポートレス化が進もうがUSB-C搭載は義務だから。

  5. 通りすがりの読者(コメントID:626693)

    どちらかというとUSB-C派です
    手持ちのAirPodsもiPhoneもワイヤレスで常用していてLightningは箱に巻かれたまま眠ってます

    ただ端子形状を法律で規制するのには懸念があります
    あと10年もすればUSB-Cより優れた規格が出ると思うのですが、
    そのとき頭を押さえられてたら業界から実績を作る動きが取れないのでは

  6. 通りすがりの読者(コメントID:626692)

    Mac / iPad Proで使用しているデバイスを容易に繋げられるようになるでしょうからUSB-C派です。
    Appleファンのユーザーからしてもメリットが大きいと思います。

  7. ただの原神ユーザー(コメントID:626681)

    iphoneはeuのこともあるから完全ワイヤレス化すると予想…

  8. 通りすがりの読者(コメントID:626680)
    コメント先:DAIKOON3(コメントID:626674)
    lightningケーブルって端子が剥き出しだからUSBバッテリーでの事故が有ったはずだけどそこは無視ですかぁ

    事故でいうと当然USB-Cの方が多くなってしまうから黙ってくれないか。

  9. DAIKOON3(コメントID:626674)

    lightningケーブルって端子が剥き出しだからUSBバッテリーでの事故が有ったはずだけどそこは無視ですかぁ

  10. 通りすがりの読者(コメントID:626661)

    高速転送や100w充電とか体験させたら全員手のひら返すと思う

  11. 通りすがりの読者(コメントID:626657)

    網藤氏のセリフに関しては「iPhoneもだよ」に変えれば良いと思う

  12. 通りすがりの読者(コメントID:626649)

    Type-Cになったらのメリットを語るとしたら、デジタルカメラとの接続がより楽になるとかですかね!個人的には!
    iPhone経由でのライブ配信や、iPhoneへの直接のRAW読み込みとか、よりクリエイティブなことに活用できたらいいなーって思います!

  13. 通りすがりの読者(コメントID:626624)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:626587)
    Type-Cじゃないとケーブル統一できなくてやーやーなの!って人はガジェオタぐらいで普通の人はあんまり気にしてなかったりする

    僕もそう思います
    そういうライターたちの動画とってiPhone使いのごく一部のガジェットオタクしか見てないからコメント確認してみんなもそう思ってる!って視野狭窄になってるんじゃないかと

  14. 音無惣一郎(コメントID:626613)

    いまさらUSB-Cにされても、私の人生最後のマシンM1iMac24はMagic Keyboardも Magic TrackpadもMagic MouseもLightningだし、 Apple TVのリモコンもLightningなんだけどどうしてくれるんだよ。

  15. 通りすがりの読者(コメントID:626612)

    網藤氏と一緒で断固usbc なんならthunderbolt4にしてほしい。iPhoneで4K撮ったはいいが送るの何時間かかるんですか?ってなって結局デジカメに戻りました。ついでにMac、winとのファイルのやりとり楽にしてほしいし、大容量ファイルの一括転送もできるようにしてほしいです。usb2.0規格が原因かわかんないんですけど、20GBあたりから転送失敗が頻発するんですよね。

  16. あおい(コメントID:626610)

    サンダーボルトで充電高速化すれば、みんなあっという間に忘れる気がします。

  17. PGE6748(コメントID:626604)

    もしiPhoneがUSB-Cになったら、しばらくは友人間の充電器/モバイルバッテリーの貸し借りとかでややこしいやり取りが増えそう。
    ちなみに私がUSB-C化による恩恵を受けるとすれば、機種変更時のバックアップ作成/転送の時ぐらいですかね。

  18. いっちー(コメントID:626595)

    LightningからUSB–Cに変換するアダプターを100均などで売ってくれれば、今まで使っていたケーブルも無駄にならないので是非販売して欲しい。

  19. 通りすがりの読者(コメントID:626590)

    次はバッテリー着脱式を実現して欲しい
    厚みは気にしないからLバッテリーとか着けたい

  20. 通りすがりの読者(コメントID:626587)

    Type-Cじゃないとケーブル統一できなくてやーやーなの!って人はガジェオタぐらいで普通の人はあんまり気にしてなかったりする

  21. 通りすがりの読者(コメントID:626575)

    Lightning一本でiPhoneとAirPods充電してる人とかはUSB-Cにすると不便かもですね🤔

    なんとなくですがガジェットに興味ない多くの層は↑の組み合わせ多いイメージです。

  22. g.O.R.i(コメントID:626569)
    コメント先:HIBIKI(コメントID:626568)
    誤字報告です! >純正品同等の使用 使用ではなく、仕様ではないでしょうか! ちなみに自分はType C派ですが差し込みやすさは確かにLightningの方がいいなぁーと思い直しました笑。Lightningで固定する首掛けストラップとかもありますもんね。

    ぐあーーーそうですね、失礼しました!修正しました、ありがとうございます!

    やっぱりUSB-C派になったら便利だなぁと思う人でも、Lightningの使い勝手を評価する人は多いですね!良い規格なんだけどな〜

  23. HIBIKI(コメントID:626568)

    誤字報告です!
    >純正品同等の使用
    使用ではなく、仕様ではないでしょうか!

    ちなみに自分はType C派ですが差し込みやすさは確かにLightningの方がいいなぁーと思い直しました笑。Lightningで固定する首掛けストラップとかもありますもんね。

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索