iPhone 15、ペリスコープ望遠レンズを搭載か

超高倍率の望遠レンズを搭載したiPhoneは2023年まで登場しない?

Theregisti X3iA2Qdn 0w unsplash

2023年の新型iPhoneiPhone 15)は、ペリスコープ望遠レンズを搭載する可能性がある。Apple情報に詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏が明らかにした。当初は2022年の新型iPhone(iPhone 14)に搭載されると予測していた。

ペリスコープ望遠レンズとは?iPhoneに搭載されると何が変わる?

ペリスコープカメラは、潜望鏡のようなミラー構造で光を内部で屈折させ、映像素子に導く仕組み。本体の厚みを抑えながら高い光学ズーム率が実現できる。「Huawei P30 Pro」はペリスコープカメラを搭載し、光学5倍ズームを実現している。

現行のiPhoneラインアップにおいて、iPhone 12 Pro Maxが最高倍率の光学ズームを搭載。2.5倍までズームインできる。Ming-Chi Kuo氏によると、2021年の新型iPhone(iPhone 13)の望遠レンズは5枚構成から6枚構成のレンズに改良。「iPhone 13 Pro Max」だけではなく、「iPhone 13 Pro」も2.5倍ズームになると噂されている。

iPhone 13とiPhone 14に関する最新情報

Ming-Chi Kuo氏は、「iPhone 13」シリーズに搭載されるFace IDのトランスミッターが、ガラス製からプラスチック製に移行すると伝えている。この変更により、ユーザーに及ぼす影響は明らかになっていない。

「iPhone 14」は、新しい「ユニボディ・レンズ・デザイン」の採用を予測。カメラモジュールの小型化に貢献すると見られるが、レンズ部分やカメラユニット全体の突起への影響には触れていない。

「iPhone 14」は、パンチホール型ディスプレイになるMing-Chi Kuo氏は予測している。歩留まり率が高ければ「iPhone 14」シリーズは全モデルが移行する可能性もあるそうだ。

(Source: MacRumors

Ming-Chi Kuo氏の新型iPhone予測記事

6本の記事を表示する
関連情報
コメント(2件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. g.O.R.i(コメントID:598296)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:598295)
    ペリスコープ、いよいよiPhoneにも来るかもしれないんですね。カメラの出っ張りをなくしていく方向に舵を切るといいなあ。6の頃には出っ張りを恥じて公式画像では隠していたの、お父さんは覚えているぞ。

    iPhone 6の頃〜 ←これ懐かしいですねw僕も覚えてますw

  2. 通りすがりの読者(コメントID:598295)

    ペリスコープ、いよいよiPhoneにも来るかもしれないんですね。カメラの出っ張りをなくしていく方向に舵を切るといいなあ。6の頃には出っ張りを恥じて公式画像では隠していたの、お父さんは覚えているぞ。

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索