iPhone 14の端末価格、15%値上げの恐れ。13.5万円から?

「コスパの良いモデル」なんてものはない。新型iPhoneは全4機種、10万円以上か

IPhone 14 Pro 3D Redering JonProsser FPT 07

2022年の新型iPhoneiPhone 14)は、端末価格がiPhone 13シリーズより約15%値上げする可能性がある。Apple情報に詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏が最新の見通しを明らかにした。

iPhone 14シリーズは10万円〜、iPhone 14 Proシリーズは15万円〜?

iPhone 14シリーズが昨年と比べて15%値上げした場合、iPhone 14」は135,470円からiPhone 14 Pro」は166,520円からiPhone 14 Pro Max」は183,770円からとなる。1TBモデルは27万円を超える恐れがあり、キャリア版は30万円以上の価格帯も有り得るだろう。

6.7インチディスプレイを搭載する「iPhone 14 Max」は初登場。iPhone 13iPhone 13 miniの価格差は18,000円となっており、同様の価格戦略だとすれば、iPhone 14 Max」は117,470円からとなる。

一方で、過去にiPad mini(第6世代)の仕様や発売時期を正確に予測した実績を持つ韓国のNaver Blogユーザー「yeux1122」は、「iPhone 14」の価格は据え置きになると予想していた。

iPhone 14」シリーズは6.1インチモデルが2機種、6.7インチモデルが2機種の4機種展開となり、「iPhone 14 mini」は出ない。価格の据え置きを決定した背景として、miniモデル廃止の影響でiPhone 14」シリーズが値上げしたような印象を緩和する狙いもありそうだ。

また「iPhone 14」シリーズのProモデルはカプセル型+丸型のデュアルパンチホールディスプレイや「A16 Bionic」チップの搭載が噂されているが、非ProモデルはノッチやA15 Bionicチップを引き継ぐため、ハードウェアとしての進化が限られているとの噂だ。据え置きは妥当な判断とも言える。

iPhone 14の価格

公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索