Appleの新戦略。最新チップは今後もProモデル限定か

今後は「最新チップならProモデル」をアピールポイントとして通常モデルと差別化か

IPhone 14 Pro 3D Redering JonProsser FPT 07

2022年の新型iPhoneiPhone 14)のうち、ProモデルはA16 Bionicチップを搭載するが通常モデルはiPhone 13シリーズと同じA15 Bionicチップを搭載する可能性がある。Apple情報に詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏によると、最新チップは2023年の新型iPhone(iPhone 15)以降も続くという。

過去数年間のiPhoneは、通常モデルとProモデルは同じナンバリングのチップを搭載していた。今後は「最新チップならProモデル」をアピールポイントとして通常モデルと差別化し、長期的な売上増を狙っていると分析している。

iPhone 14シリーズは引き続きLightning。USB-C化は2023年モデルの噂

「iPhone 14」シリーズは、6.1インチモデルが2機種、6.7インチモデルが2機種になる見通し。「iPhone 14 mini」は出ないMing-Chi Kuo氏は、4機種のメモリ(RAM)は6GBで統一されていると予測。6.1インチ型「iPhone 14」と6.7インチ型「iPhone 14 Max」に搭載されるA15 Bionicチップは、iPhone 13 Pro/Maxと同じ仕様になると考えられる。

同時に発表されるiPhoneが異なるナンバリングのチップを採用するのは9年ぶり。iPhone 5sとiPhone 5cが発表された2013年以来となる。

「iPhone 14 Pro」と「iPhone 14 Pro Max」は、A16 Bionicチップに加えてiPhone史上初のパンチホールディスプレイを採用する見通し。ポートは引き続きLightningが有力視されており、USB-C化2023年モデルになると噂されている。

(Source: Medium by 郭明錤 (Ming-Chi Kuo)

iPhone 14の噂

46本の記事を表示する
公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索