iOS 16の新ロック画面、常時点灯ディスプレイを意識?関連記述がベータ版からザックザク発見される

iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxは常時点灯ディスプレイに対応するとの噂

WWDC22 2022 Keynote 494

開発者向けに配信開始されたiOS 16のベータ版コードの中から、ディスプレイの常時点灯機能を示唆する記述が複数発見された。9to5Macによると、常時点灯ディスプレイに欠かせないiPhoneのバックライト管理に関する3種類の新しいフレームワークを発見したという。

ホーム画面やロック画面を管理するSpringboardにも、常時点灯ディスプレイに関連する記述が複数存在する。Appleのエンジニアが常時点灯ディスプレイを、iPhone 13 Proなどの非対応デバイスで検証するための仕組みも見つかっている。

常時点灯ディスプレイは1Hzのリフレッシュレートが必要

2022年の新型iPhoneiPhone 14)シリーズのうち、Proモデル2機種は常時オンディスプレイに対応すると噂されている。実現にはリフレッシュレートを1Hzまで落とせる可変リフレッシュレートのディスプレイを搭載する必要があり、「iPhone 14 Pro」および「iPhone 14 Pro Max」限定の機能になると見られる。

iOS 16は、ロック画面に時計のフォントやカラーを変更できるカスタマイズ機能が追加。またApple Watchのコンプリケーションから着想を得たという、ウィジェットが配置可能になっており、常時点灯ディスプレイを活用できる新機能が用意されている。

もっと読む

12本の記事を表示する

公開情報
更新日2022年06月09日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iOS 16」新着記事
トレンド検索