iPhone 14 Proの常時オンディスプレイ対応、Xcode 14 Betaが示唆

iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxの常時オンディスプレイ対応を裏付ける情報、次々と発見される

Always on display from swift ui

@rhogelleimより

2022年の新型iPhoneiPhone 14シリーズ)のProモデルは、常時オンディスプレイに対応する可能性が高い。Xcode 14 Betaから、iOS 16のロック画面ウィジェットが薄く表示されるアニメーションのフレームが発見された。

常時オンディスプレイとは、ディスプレイのリフレッシュレートを大幅に下げることで更新性の低い情報を常時表示した状態にする機能。ウィジェットが「薄く表示」される状態は、常時オンディスプレイモード有効時の表示であると見られる。

9to5Macは、iOS 16のベータ版から常時オンディスプレイに対応した壁紙を発見。通常の表示に比べ、黒く色あせた状態になる「スリープ」バージョンが含まれているという。常時オンディスプレイモード有効時に、「スリープ」バージョンの壁紙が適用されるようだ。

「iPhone 14」シリーズのうち、Proモデル2機種は常時オンディスプレイに対応すると噂されている。実現にはリフレッシュレートを1Hzまで落とせる可変リフレッシュレートのディスプレイを搭載する必要があり、「iPhone 14 Pro」および「iPhone 14 Pro Max」限定の機能になると見られる。

(Source: MacRumors

iPhone 14 Proの常時オンディスプレイ

公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索