iPhone 15 Pro、ベゼル部分はさらに薄型化?丸みを帯びた加工との噂

ディスプレイ自体はフラットだが、ベゼル部分のみカーブ。製造難易度が高そうなデザイン……!

Iphone15pro rumors for 2023

2023年の新型iPhoneの上位モデル(iPhone 15 Pro)は、現行モデルと比べてベゼル部分がさらに薄くなり丸みを帯びた加工が施される可能性がある。実績のあるリーカーのShrimpApplePro氏によると、ディスプレイそのものはフラットだが、ベゼルのみが丸みを帯びているという。

「iPhone 15」シリーズは、昨年と同じ4機種展開。ディスプレイサイズは変わらず、通常モデルにもDynamic Islandを採用し、丸みを帯びたエッジ加工も共通仕様だ。3月から4月頃から実機のCADレンダリングが流出するだろうと予想している。

リーカーのShrimpApplePro氏は、Apple Watch Series 7のデザイン、iPhone 14 Proのデュアルパンチホールディスプレイ仕様(後のDynamic Island)を正確に予測した実績を持つ。

もっと読む

12本の記事を表示する

公開情報
コメント(2件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:663564)

    個人的に曲面になるとフィルムが貼りづらいからしんどいなーと思うところです。
    androidはその辺も苦手な部分なので

  2. xPluss(コメントID:663560)

    >>iPhone 15 pro max(aka ultra) is very beautiful. With the thinner bezels and curved edges could create the same effect like on apple watch

    15 Pro Maxだけ、Apple Watchのようなデザインになり、Apple Watch ultraのようにチタニウム製になるって意味なんだろうか….

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索