より作り込まれた「iPhone 8」のモックアップが公開

Iphone8 mockup

Onleaks氏がまた新たな「iPhone 8」のモックアップの写真公開している。基本的なデザインはこれまでリークしてきたモックアップと変わらないが、Appleロゴが刻印され、より作り込まれているような印象を受ける。「Touch ID」は表面にも裏面にもない。

ディスプレイ側を見るとホームボタンは見当たらず、ほぼ全面ディスプレイとなっているが、ディスプレイ上部にFaceTimeカメラやスピーカーを含む各種センサーがまとめて配置されているであろう箇所が確認できる。

以前、Benjamin Geskin氏がディスプレイ上部はセンサーやFaceTimeカメラを囲むようなデザインになると伝えていたが、まさにその通りとなっている。

本体の光沢からカラーはジェットブラックモデルであるように見える。先日、ホワイトを含む強化ガラス5色の写真がリークしていた。

一方、Benjamin Geskin氏も「iPhone 8」のモックアップの写真と動画を投稿。ディスプレイに壁紙をはめ込み、サードパーティ製のスクリーンプロテクターを取り付けた状態がどうなるのかを写真および動画で公開している。

最近では「iOS 11」に用意されている新しいSiriのデザインから「iPhone 8」にはSiriが統合されたバーチャルホームボタンが用意されるのではないかと予想されている。