「iPhone 8」用画面保護ガラスとケースのハンズオン動画が公開

Iphone 8 case and protector

iPhone 8」用画面保護ガラスとケースのハンズオン動画をMobile Funが公開している。

画面保護ガラスはやはりディスプレイ上部がセンサーやFaceTimeカメラを囲むデザインになるという噂と一致。スピーカーと思われる横長の穴の左右に丸い穴が2つずつ空いている。

そのうちのどれかはLG Innotekが提供すると噂されている世界初の3D顔認識カメラシステム用かもしれない。

画面保護ガラスのサイズは66mm x 139mm。Mobile Funはこれらの情報から、iPhone 8」のディスプレイサイズは約5.8インチになると予想している。

噂通り「iPhone 7」より一回り大きい「iPhone 8

ケースに関しては特に真新しい情報はなく、カメラホールは「iPhone 7」のiSightカメラを2つ縦に並べたような大きさであることが紹介されている。

「iPhone 7」を「iPhone 8」用のケースに入れると余裕があるため、「iPhone 8」は「iPhone 7」よりも一回り大きいことが改めて分かる。

音量ボタンおよびマナーモードスイッチの位置は同じだが、電源ボタンは縦長になっている。ケースのサイズは72mm x 145mm x 9mm。

以下、どうぞご覧あれ!

今回は「iPhone 7」を比較対象として「iPhone 8」用の画面保護ガラスおよびケースを紹介していたが、「iPhone 8」のモックアップを「iPhone 7 Plus」と比較した動画も過去に公開しているので、気になる人は併せてどうぞ!

最新の情報によると、「iPhone 8」の搭載される有機ELディスプレイの供給が間に合わず、発売直後はやはり入手困難になる可能性が浮上。投稿された強化ガラスの写真によると「iPhone 8」にはホワイトモデルが登場し、5色展開になるかもしれない。

あわせて読みたい