「iPhone 8」、発売直後はやはり入手困難に?!有機ELディスプレイ不足が原因か

IPhone 8 Size Comparison iDrop News 8

ホームボタンを廃止し、5.8インチ型の全面ディスプレイを搭載した「iPhone 8」は実質3年ぶりのメジャーアップデートとなるが、やはり発売着後は入手困難になる可能性が高そうだ。

Digitimesによると、「iPhone 8」用有機ELディスプレイの製造を独占担当するSamsung Displayが、9月までに供給可能な有機ELディスプレイは300〜400万台となっているとのこと。2017年中に「iPhone 8」を5,000〜6,000万台出荷するのは難しい、とのこ見解を示している。

SamsungはAppleと曲面型有機ELディスプレイの供給で2年契約を締結したとされ、1億6,000万枚の有機ELディスプレイを提供すると報じられていた。

参考として、「iPhone 6s/6s Plus」の販売台数は3日間で1,300万台を突破した発表されている。このことから、「iPhone 8」が9月中に最大400万台しか供給できないのは危機的状況であると考えられ、発売直後は極めて入手困難になる可能性が浮上している。

あわせて読みたい