「iPhone X」の後継機種は液晶ディスプレイ?!有機ELモデルは「iPhone X Plus」のみ?!

IPhone XI Concept Images iDrop News 2

2018年のiPhoneは3モデル発表され、2モデルは有機ELディスプレイを搭載し、1モデルは液晶ディスプレイを搭載すると噂されている。

少なくともアナリスト界隈の中では数少ない情報精度を誇るKGI証券のMing-Chi Kuo氏はそう言っているが、これについて異論を唱えるアナリストが登場した。

DigitimesのアナリストLuke Lin氏によると、今年発表される有機ELディスプレイモデルは1機種となり、2機種は液晶ディスプレイを搭載すると予想している。つまり、iPhone X」の後継モデルは液晶モデルということになるが、そのようなことはあり得るのだろうか。

「スマホの未来」を”後退”させる可能性は著しく低い

Lin氏によると、2018年のiPhoneラインアップは5.8インチ型液晶ディスプレイモデル、6.1インチ型液晶ディスプレイモデル、そして6.5インチ型有機ELディスプレイモデルになるという。Appleは今年発表するモデルとして、6.4インチ型の有機ELディスプレイモデルを含む4種類のiPhoneを検討しているとのこと。

この組み合わせを裏付ける理由として、2017年のiPhoneライナップは「iPhone 8/8 Plus」という液晶ディスプレイモデル2機種に「iPhone X」という有機ELディスプレイモデル1機種だったことを挙げている。

既に有機ELディスプレイモデルを搭載している5.8インチ型iPhoneを昨年発表し、翌年に同じサイズのiPhoneを液晶ディスプレイに戻すことなんてあり得るのだろうか。ましてや、「スマホの未来」と大々的に発表した機種をスペック的に”後退”させることなんてあり得るのだろうか。

確かにここ最近は「iPhone X」の不調が報じられ、次期モデル登場と同時に生産終了するという噂もあるが、かと言って「iPhone X」の後継機種のスペックを落とすことは考えづらい

やはりここはKuo氏がこれまで予想している通り、「iPhone X」の後継機種と「iPhone X Plus」が有機ELディスプレイモデルとして登場し、シングルレンズ、アルミ製筐体、3D Touch非対応が噂されている6.1インチ型液晶ディスプレイモデルが登場する可能性の方が高そうだ。

(via 9to5Mac

あわせて読みたい