「iPhone X」、次期モデル登場と同時に生産終了か

KGI証券のMing-Chi Kuo氏によると、「iPhone X」は2018年に登場する次期iPhoneモデルと入れ替わりで生産を終了すると予想している。

これまでのAppleであれば、1年前の機種を値下げして販売を継続するパターンが多かったが、なぜ今年は取り扱いそのものを止めてしまうのだろうか。

6.1インチ型液晶モデルが値下げされた「iPhone X」の代わりに

Kuo氏が挙げている、「iPhone X」を値下げして販売を継続しない理由は主に2つ。

1つめは、ハイエンドモデルとしてのブランドイメージが悪化するから。2つめは、6.1インチ型の液晶ディスプレイモデルと競合することになるから。

よって、例年であれば「値下げして販売される1年前の機種」の位置付けが、6.1インチ型の液晶ディスプレイを搭載した、ホームボタンを廃止した全画面ディスプレイモデルになる、と予想される。

よって、2018年のiPhoneライナップは、最上位モデルとして「iPhone X」の後継モデル(5.8インチ型有機EL)「iPhone X Plus」(6.5インチ型有機EL)、「iPhone X」シリーズよりは手が出しやすい価格帯の安価モデル(6.1インチ型液晶)の3種類が発表され、ホームボタン搭載モデルとしてiPhone 8/8 Plus」「iPhone 7/7 Plus」「iPhone SE」が継続販売される、となるかもしれない。

iPhone SE」は次期モデルが登場すると噂されている。

先日、次期iPhoneに0.5mmのベゼルを実現したジャパンディスプレイの新型液晶「FULL ACTIVE(フルアクティブ)」が採用されると報じられ、6.1インチモデルに搭載されるのではないかと見られている。

(via MacRumors

もっと読むiPhone Xまとめ