2020年のiPhoneを想像したコンセプトイメージが公開

2019年モデルにも言えるが、大型化したカメラユニットが一番目立たないスペースグレイが例年より人気になりそう

2020 iphone renderings

来年のiPhoneはToFカメラが追加でされることにより4眼カメラになる可能性がありそうだ。これらの噂をもとに、Ben Geskin氏が2020年のiPhoneを想像したコンセプトイメージを公開している。

スペースグレイまたはブラックと見られるカラーモデルのコンセプトイメージとともに同氏が予想している(期待している?)スペックもあわせて公開されている。

2019年のiPhoneはカメラが特徴だが、2020年のモデルはさらなる進化に期待

2019年のiPhoneは3つ目のレンズが追加されることが最大の特徴となりそうだが、2020年のiPhoneはさらに4つ目のレンズとしてToFカメラを搭載すると噂されている。

光の飛行時間を利用して三次元情報を計測できることにより、TrueDepthカメラ(「iPhone XS」など「Face ID」対応モデルに搭載されている内向きカメラのこと)よりも離れた距離で被写体の深度を認識できるようになると期待されている。

ディスプレイ内蔵型指紋センサーの研究開発を本格化したとの情報もあり、ノッチなしの全画面ディスプレイがついに実現されると期待されているが、Geskin氏はノッチは廃止されないものの小型化されると予想しているようだ。

最新の噂では2020年のiPhoneは120Hzリフレッシュレートに対応したProMotionディスプレイを採用するという説も浮上。5G通信にも対応すると言われている。

1年以上先の計画は現時点ではいくらでも変わる可能性があるが、2020年のiPhoneは久しぶりのメジャーアップデートになりそうな予感。これらの噂がすべて実現されるならば、2019年のiPhoneは見送って2020年まで我慢した方が良いかもしれない……?

2020年のiPhoneに関するこれまでの情報は下記ストーリータイムラインを参考にどうぞ。

ストーリータイムライン
コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhoneコンセプトイメージ」新着記事
トレンド検索