2020年のiPhoneは120Hzリフレッシュレートをサポートか

「iPad Pro」に採用されているProMotionディスプレイがiPhoneにも採用されるとの噂

Charles FdDkfYFHqe4 unsplash

Android関連情報のリークが多いIce universe氏によると、2020年のiPhoneは120Hzのリフレッシュレートを持つProMotionディスプレイに対応すると伝えている。同技術はすでに「iPad Pro」に採用され、画面のスクロールなど各種操作やエフェクトのアニメーションが非常になめらかに表示される。

画面のスクロールが目に見えて滑らかに

実際に60Hzと120Hzを比較した動画を見比べてみると、その違いは分かりやすい。過ごす時間が長いiPhoneだからこそ、スクロールが滑かになれば操作している時の気持ちよさは増しそうだ。

Ice universe氏は過去に新型「AirPods」が2018年中に登場することを予想し外しているものの、得意分野とするSamsungのリーク情報に関しては信憑性が高い模様。

2020年のiPhone用ProMotionディスプレイ採用に向けて、AppleはすでにSamsungおよびLGと協議しているとのこと。

2020年のiPhoneはToFカメラを含む4眼カメラの搭載、ディスプレイ内蔵型センサーの採用、5G対応と全モデル有機EL採用などが噂され、ディスプレイサイズも変更される大幅刷新モデルが登場すると見られている。

ストーリータイムライン
コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索