トリプルレンズカメラを搭載したiPhoneのコンセプトイメージ

Iphone 3 lens camera concept images idrop news x martin hajek 1

2019年のiPhoneはトリプルレンズカメラを採用すると噂されている。トリプルレンズカメラに関しては既に「Huawei P20 Pro」が採用しているが、スマホカメラの弱点である暗所撮影を克服していることで高い評価を得ている模様。

これらの噂をもとに、iDropNewsトリプルレンズカメラを搭載したiPhoneのコンセプトイメージを公開していたので、紹介する!

3つのレンズがどのように配置されるのか問題

さて、ここで問題だ。トリプルレンズカメラということは、3つのレンズが搭載されているということ。これまでも突起したままなので、恐らく3つになっても突起しているだろう。

最も現実的なデザインは下記のようにカメラハウジングに3つのレンズとLEDフラッシュが格納されているデザイン。ただし、LEDフラッシュに対して上に1つ、下に2つというデザインが良しとされるかどうか、分からない。
Iphone 3 lens camera concept images idrop news x martin hajek 12

そこで、3つのレンズをハウジングの中に入れ、その横にLEDフラッシュを置くというアイディアもある。これは純粋にダサい。
Iphone 3 lens camera concept images idrop news x martin hajek 7

こちらは「iPhone X」のレンズ構成をそのまま踏襲し、その下に3つめのレンズを配置するというデザイン。なぜか突起しないという奇跡。
Iphone 3 lens camera concept images idrop news x martin hajek 6

最もスッキリしているのはカメラのハウジングの周りがLEDフラッシュになるというデザイン。洗練されているように見えるが、実際に実現した場合、恐らくカメラ周りが現行モデルよりも大きく見え、不格好になるのではないかと予想している。
Iphone 3 lens camera concept images idrop news x martin hajek 8

トリプルレンズカメラを搭載したiPhone、果たして本当に登場するのだろうか。その他の画像は下記からどうぞ!

関連記事