スペックで見るHuaweiの折り畳みスマホ「Mate X」

Huawei Mate X Foldable

Huaweiの折り畳みスマホ「Mate X」の凄さはこちらの記事で解説したが、実は相当立派なスペックを持ったスマートフォンであることも伝えておきたい。

発売が2019年半ばということもあり、現時点ではまだ明らかになっていないスペックや仕様もあるが、30万円近くするのも納得……できるかも?

バッテリーは4,500mAh、55Wの超高速充電に対応

スマートフォンのように使い時のディスプレイは6.6インチ、解像度は2,480×1,148、アスペクト比は19.5:9。裏のディスプレイは横にあるグリップ部分の影響でより縦長になっていて、6.38インチ、解像度は2,480×892、アスペクト比は25:9。

ディスプレイを開きタブレットのようにした時のディスプレイは8インチ。解像度は2,480×2,200、アスペクト比は8:7.1。

Huawei Mate X Foldable 20

本体の薄さは、開いた状態で5.4mmとなっていて、「iPad Pro 2018」よりもさらに薄い。折り畳んだ状態では11mmとなっている。

Huawei Mate X Foldable 15

カメラはライカとのコラボしていることは分かっているが、詳細のスペックは明らかになっていない。プロセッサには「Kirin 980」を採用し、5G通信を実現するために「Balong 5000 5G」モデムを搭載。

バッテリーは4,500mAh。RAMは8GB、内蔵ストレージは512GB。55Wの超高速充電にも対応している。

Huawei Mate X Foldable 03

カラーモデルはインターステラ・ブルーの1色のみ。アクセサリとして専用のプロテクションケースが用意されている。

価格は2,299ユーロとなっていて、日本円にして約29万円。

タグ#Huawei
「スマートフォン」新着記事
トレンド検索