2020年のiPhoneはすべて有機EL、5.42インチモデル登場か

IPhone XR Review 108

これはもしかして幻の「iPhone SE2」を示唆している?!

Appleが2020年に発表するiPhoneはすべて有機ELディスプレイを搭載し、5.42インチモデル・6.06インチモデル・6.67インチモデルの3種類が用意されるとDigitimesが報じている。

2019年のiPhoneは引き続き有機ELが2機種、液晶が1機種

5.42インチディスプレイを搭載するモデルはSamsungのY-OctaディスプレイまたはLGのTOEタッチ技術を採用すると見られ、いずれにしてもディスプレイ費用を抑えることに貢献するとのこと。このことから、同モデルは3モデルの中でも価格が抑えられた機種になる可能性がある。

Y-Octaはフレキシブル有機ELディスプレイ技術となっていて、フィルム基板を除外し、タッチ回路をフィルムのカプセル層に直接書き込むことができるため、ディスプレイそのものを薄型化できるという。

技術力という観点から、Samsung Displayは2020年もAppleの主要有機ELサプライヤーになる見通し。LG DisplayおよびBOE TechnologyがAppleから受注できるかどうかは現時点では分かっていない。

なお、2019年のiPhoneは引き続き液晶ディスプレイ搭載の6.1インチモデル、有機ELディスプレイ搭載の5.8インチモデルと6.5インチモデルという構成になるとのこと。