2020年のiPhoneはリフレッシュレート120HzのProMotionディスプレイを搭載か

現行のiPhoneはすべて60Hz、Appleとして初めてProMotion対応の有機ELディスプレイを実現か

Jannis lucas msNCux u3lo unsplash iphone display

iPhone 12」シリーズになると噂されている2020年のiPhoneは、「iPad Pro」と同様に120Hzのリフレッシュレートを持つProMotionディスプレイを搭載するとDigitimesが報じている。現行のiPhoneにはすべて60Hzのディスプレイが採用されている。

Android関連情報のリークが多いIce universe氏は今年7月頃にProMotionディスプレイに対応すると予想していた

すでにiPad Proにも採用されているProMotionディスプレイ

AppleはProMotionディスプレイを2017年に発表した「iPad Pro」の10.5インチモデルと12.9インチモデルで初めて搭載。従来のディスプレイと比べてリフレッシュレートが2倍になることから、スクロールやアプリのアニメーションなど、画面上の動作がより滑らかになっている。

また、120Hzのリフレッシュレートが実現されることにより、24fps、48fps、60fpsのコンテンツがより正確に再生できるという。

LTPOディスプレイはProMotionディスプレイ実現のために採用か

韓国メディアは先日、iPhoneは将来的にLTPOディスプレイ採用すると伝えていた。「Apple Watch Series 5」はこの技術によってリフレッシュレートを1Hzまで下げることによって常時オンディスプレイを実現している。

iPhoneの場合、常時オンディスプレイを実現するためではなく、必要性に応じてリフレッシュレートを120Hzから現状と同じ60Hzまで可変できるようになるのかもしれない。実現した場合、必要な時は滑らかなアニメーションを、不要な時はリフレッシュレートを下げて消費電力を抑えることができる。

なお、Googleの「Pixel 4」シリーズは最大90Hzのディスプレイを搭載している。

(Source: 9to5Mac

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索