「iPhone 8」、遠距離ワイヤレス充電に対応か?!「USB-C – Lightningケーブル」が同梱される可能性

Iphone 8 concept image

iPhone 8」は遠距離ワイヤレス充電(最大5メートルまで)に対応し、「USB-C – Lightningケーブル」が同梱される可能性があると、「iPhone 8」のダミーユニットされる写真「iPhone 8」内部の部品配置が分かる設計書の画像をリークしていたBenjamin Geskin氏が明らかにしている。


いずれも確定情報ではなく「可能性」として伝えている

ワイヤレス充電対応これまで何度も報じられてきた。「iPhone 8」に限らず2017年に発表されるiPhoneは全3モデルがワイヤレス充電に対応するという噂もある。

2017年末までに提供されると噂されていたEnergousの遠距離ワイヤレス充電技術「WattUp」に対応すると期待されていたものの、Qiの仕様を策定する業界団体に参加していることから、すでにAndroidスマートフォンなどで見られるようなワイヤレス充電と変わらない仕様になると見られている。

USB-C – Lightningケーブル」が同梱される可能性については過去に僕なりの予想で解説したが、Macお宝鑑定団BlogのDANBOさんにあっさり否定されていた。

同梱されると思った理由は全モデルが急速充電対応のLightningポートを搭載するという噂が報じられていたため。現状、アダプタなしでは12インチ型MacBookや「MacBook Pro」とiPhoneを同期や充電できないという状況も不親切なので、対策を講じるのではないかと考えていた。

Geskin氏の情報は信憑性が定かではないが、いずれも過去に報じられたことのある噂ではあるので可能性の1つとしてウォッチしておいた方が良さそうだ。