Energous、遠距離ワイヤレス充電技術「WattUp」を2017年末までに提供へーー次期iPhone対応に期待

WattUp Energous
次期iPhoneはワイヤレス充電に対応すると噂されているが、今、「ワイヤレス充電」と言われて思いつくのは単にスマホに充電ケーブルを刺さなくて済むというだけで充電パッドは電源に挿す必要があり、スマホも充電パッドの上に置かなければ充電されない。

Energousが2015年頃に披露した遠距離ワイヤレス充電技術「WattUp」に対応すれば、充電可能な範囲内に端末があれば勝手にiPhoneが充電されるという夢のような未来が実現されるかもしれない。

Energous WattUp Room
「WattUp」を利用したトランスミッターは当初2015年末までに提供される予定だったが、その後、とある企業と独占的なパートナーシップ提携を締結し、計画が変わったことが判明。

その企業、実はAppleであると噂されているのだ。

提携パートナーは明らかにされていないが、Appleとの噂

The Vergeによると、「WattUp」は2017年末までに提供が開始されるとのこと。EnergousのCEO、Steve Rizzone氏は提携パートナーの名前を明らかにしていないが、「世界最大級のコンシューマー向け家電メーカーの1つ」とし、「みなさんがこのメーカーの製品を身につけていたり、机の上にあったり、自宅にあることは間違いない」とコメントしている。

仕組みとしては、端末に「WattUp」対応チップが内蔵され、充電するためには空間内に「WattUp」のトランスミッターがあれば端末を自動的に認識し、充電される。専用アプリで充電中のデバイスを管理できる他、優先的に電力を供給するデバイスを選ぶこともできる。



「WattUp」が提供開始されるまでまだ1年近くある。それまでEnergousは従来型のワイヤレス充電パッドの提供を予定している。この充電パッドで充電できるデバイスは後に遠距離ワイヤレス充電に対応したトランスミッターにも対応している。

果たして本当にEnergousがパートナーシップを組んだ企業はAppleなのだろうか。そして、「iPhone 8」はこの「WattUp」技術に対応し、真のワイヤレス充電が利用可能になるのだろうか。これは期待せずにはいられない!

余談だが、過去にはMacのワイヤレス充電対応の噂もあった。2014年の情報だが、Macも対応すればあらゆるケーブルがなくなり、部屋とデスク周りがスッキリしそう……!

(via 9To5Mac

あわせて読みたい
もっと読みたい
  1. 「iPhone 5s」を「iPhone 7 mini」に改造した人が登場
  2. 「iPhone 8」、Touch IDと顔認証を組み合わせた2段階認証技術を開発中か
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 【20%オフ】「Affinity Designer」「Affinity Photo」がセール中
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法

gori.meの最新情報をチェック!!