Steve Jobsのサイン付き新聞、エントリーシート、「Mac OS X」のマニュアルがオークションに出品中

Steve Jobs Autograph Newspapers

スティーブ・ジョブズ氏がサインした新聞エントリーシート「Mac OS X」のマニュアルがオークションサイトに出品されている。

いずれも非常にレア度の高いものとなっていて、特にジョブズ氏のエントリーシートはリード大学に約2年間居候した後、退学した1973年に書かれたもの。同氏は専攻を「英文学」と記し、「コンピューター」「計算」「デザイン」「テック」を保有するスキルとして書いている。

Steve Jobs Job Application

得意分野や特筆するべき能力としては「エレクトロニクス」「テクノロジーまたはデザインのエンジニア」とアピールしていることが分かる。

「Mac OS X」のマニュアルは、2001年のもの。これは、出品者がたまたま駐車場でジョブズ氏を見かけ、サインしてもらったものだという。当初は断っていたものの、最終的にはサインに応じてくれたようだ。

Steve Jobs Manual

サインの上には「All the best」と書かれている。サインを断っていた割にはプラスアルファも提供するジョブズ氏もなかなか素敵だ。

出品されている新聞紙のクリッピングは2008年のもの。ジョブズ氏自身がWWDCで「iPhone 3G」を発表した際の写真と見出しが掲載されたものとなっていて、iPod生みの親であるトニー・ファデル氏のサインが並んでいる。

Steve Jobs Newspaper

この新聞にサインする際もジョブズ氏は断ったそうだが、「トニーもサインするなら」という条件でサインに応じたそうだ。

エントリーシートは50,000ドル(約537万円)、「Mac OS X」のマニュアルは25,000ドル(約268万円)、新聞は15,000ドル(約161万円)で落札されるのではないかと見られている。

(via MacRumors