Steve Jobs死去から10年、Apple公式サイトが特別仕様に

Jobs氏の格言や基調講演で登壇する様子、家族からの言葉を掲載

Steve jobs 10years

Apple公式サイトよりキャプチャ

Appleの共同創業者の1人であるSteve Jobs氏は2011年10月5日、56歳の若さで息を引き取った。死因は膵臓腫瘍の転移による呼吸停止とされている。

亡くなってから10年経った2021年10月5日、Appleは公式サイト上に特別コンテンツ「Steveを称えて」を公開した。Jobs氏の格言や基調講演でプレゼンテーションを行う様子が動画で紹介されている他、家族からの言葉が掲載されている。


Jony Ive氏、Tim Cook氏、Scott Forstall氏からも追悼のコメント

10周忌を記念して、元最高デザイン責任者(CDO)のJony Ive氏がThe Wall Street Journalに寄稿。「Steveのことを考えなかった日は1日もなかった」とコメントしており、当時のことを「最も幸せで、創造的で、楽しい時間だった」と語っている。

Apple現CEOのTim Cook氏は、Jobs氏の言葉とともに10周忌を追悼している。

スキューモーフィックデザインをiOSやmacOSに取り入れ、最終的に方針の違いで退職を強いられたとするScott Forstall氏も、コメントを寄せている。「10年前、私はメンター、同僚、コラボレーター、デザインパートナー、そして何よりも重要である友達を失った」「この地球上誰もが影響を受けているように思う」と語っている。

往年のAppleファンは、特別コンテンツを一度見てもらいたい。なおジョブズ氏をしのぶメッセージを紹介する特別ページ「追悼 Steve Jobs」は、10年経った今でも公開されている。

公開情報
更新日2021年10月07日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Appleニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索