Microsoft前CEO、Steve Balmer氏が取締役退任を表明

Steve Balmer
【img via DSC_0073.JPG by whatcounts

スティーブ・バルマー氏が引退することを宣言してから1年。現在はSatya Nadella氏が指揮を取り、Balmer氏は取締役として活躍していた。

ところが、ついにそのBalmer氏も新しい分野にチャレンジし、注力する意向のようだ。Reutersによると、Steve Balmer氏が取締役退任を表明したと報じている!

NBAチーム「Los Angeles Clippers」のオーナー業に専念

取締役を引退してBalmer氏は一体何をするのだろうか。実はしばらく前に同氏は「Los Angeles Clippers(ロサンゼルス・クリッパーズ)」のオーナーに就任。当面はその業務に注力したい考えで、秋以降の多忙に備えて即時退任することを発表した。

現CEOであるSatya Nadella氏には伝えられているとのこと。Balmer氏は1980年からMicrosoftに在籍。2000年から2014年2月までCEOをと務めていた。印象的なのは「Windows Vistaは最大の後悔」と発言したこと。Microsoftのトップ(当時)としても、VistaはNGだったようだ。

MicrosoftのCEOからClippersのオーナーへ。今後の活躍にも期待!

「Mac対PC」の争いが再燃!「MacBook Air」を揶揄する「Surface Pro 3」のテレビCMが公開!

(via 気になる、記になる…

FOLLOW / 最新情報を購読