「iPhone 8」、ワイヤレス充電対応のためにガラス製の筐体を採用か

IPhone 8 Concept Image
2017年に発表される「iPhone 8」はワイヤレス充電対応のためにガラス製の筐体を採用するとKGI SecuritiesのMing-Chi Kuo氏が伝えている。ワイヤレス充電器のサプライヤーはPegatron社だという。

Kuo氏曰く、ワイヤレス充電を次期iPhoneに採用するのであれば金属製からガラス製の筐体への移行がポイントになると指摘。金属製ボディのワイヤレス充電は技術的には可能であるものの、電波干渉などが原因で充電速度に限界がある模様。また、最高デザイン責任者(CDO)であるJony Ive氏は数年前から1枚のガラスに見えるiPhoneを作りたかったと噂されている。

ワイヤレス充電機能が全モデル対応?一部モデル限定?

来年発表されるiPhoneの全モデルがワイヤレス充電に対応するのか、一部モデル限定の機能になるのかは不明。ただ、来年のiPhoneが対応する可能性が高いと指摘し、2018年にはその割合が増えると予想している。

先日、Kuo氏は来年の「iPhone 8」には液晶ディスプレイを採用した4.7インチモデルと5.5インチモデルに加え、有機ELディスプレイとデュアルレンズカメラを採用したモデルを加えて3モデル発表すると予想していた。曲面ディスプレイを採用し、デュアルレンズカメラの望遠レンズにも光学手ブレ補正が対応すると噂されている。


次期iPhoneのワイヤレス充電対応が噂されたのは過去に何回もあるが、ワイヤレス充電対応ゆえのガラス製の筐体採用と報じられたのは今回が初めて。Appleは今年1月頃にデバイスと充電器が密接しなくても充電できるワイヤレス充電技術を研究していると報じられていた。


充電パッドの位置に制限されず、ある程度の距離であれば充電できるというワイヤレス充電は今ある技術の一歩先であることは間違いないが、報じられた当時は物理的な距離によって充電速度が落ちるなどの技術的なハードルがあり、これらを解決するためにはまだ時間が掛かると伝えられていた。

「iPhone 8」はAppleにとってiPhone生誕10周年の記念すべきモデル。ワイヤレス充電は果たして本当に実現されるのか。

(via MacRumors

あわせて読みたい
もっと読みたい
  1. 「iPhone 5s」を「iPhone 7 mini」に改造した人が登場
  2. 「iPhone 8」、Touch IDと顔認証を組み合わせた2段階認証技術を開発中か
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 【20%オフ】「Affinity Designer」「Affinity Photo」がセール中
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法

gori.meの最新情報をチェック!!