iPhoneのワイヤレス充電対応に希望が?!Qualcommの最新技術に期待

Apple Dock Concept
iPhoneがワイヤレス充電に対応してくれたらどれほど日々の充電作業が楽になることやら。置くだけで充電開始、手に取った時には満充電。そんな世の中を昔から夢見ている。


その長年の夢が実現する可能性が一気に高まった!本日、Qualcommが金属製デバイスでもワイヤレス充電を可能にする最新技術発表した

非プラスチック製の筐体でもワイヤレス充電が可能に

今回、Qualcommが発表した最新技術は同社が開発したワイヤレス給電方式「WiPower」をベースとしてさらに発展させたもの

最大の特徴は充電パッドの上であれば数センチ程度離れていても給電可能であるということ。つまり、給電するためには充電パッドにデバイスが密着している必要がないということ。複数台を同時に充電することができることやプラスチック製だけではなく金属製の筐体を持つデバイスも充電できることも魅力だ。

これはワイヤレス給電で有名な「Qi」が採用している電磁誘導方式と異なり、「近距離磁界共鳴(NFMR:Near Field Magnetic Resonance)」と呼ばれる技術を採用していることで実現されている。

今回の発表を受けてQualcommが「WiPower」を紹介する動画を公開していたので、載せておく!



Qualcommは「iPhone 6」のLTEモデムを始め、いくつかの部品を提供している。「iPhone 6s」もQualcomm製のLTEモデムを採用し、通信速度が従来の約2倍も高速化されると噂されている。


「WiPower」がiPhoneを始めとしたAppleデバイスに採用された場合、充電パッドの上にそれぞれのデバイスを置いておけば勝手に充電されるという、非常にクールでシンプルな世の中が実現される。今年は厳しいと思われるので、来年以降のiPhoneに搭載されることを期待したい!

(via Cult Of Mac

あわせて読みたい
もっと読みたい
  1. 「iPhone 5s」を「iPhone 7 mini」に改造した人が登場
  2. 「iPhone 8」、Touch IDと顔認証を組み合わせた2段階認証技術を開発中か
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 【20%オフ】「Affinity Designer」「Affinity Photo」がセール中
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法

gori.meの最新情報をチェック!!