「iPhone 8」、USB-Cポートを搭載?!曲面有機ELディスプレイを搭載か

Iphone 8 ios11 concept

Apple、ついにiPhoneでもLightningポートを廃止か?!

WSJによると、2017年に発表される「iPhone 8」はLightningポートの代わりにUSB-Cポートを搭載し、ホームボタンを廃止する代わりに「ファンクションエリア」が用意され、曲面有機ELディスプレイを搭載すると伝えている!

Lightningポートを捨て、USB-Cに移行するのか?!

iPhone 8」がホームボタンを失い「ファンクションエリア」と呼ばれるタッチスクリーンが用意されるという情報はKGI証券のMing-Chi Kuo氏が伝えていた。これらの情報から、ピクセル密度は521ppi、画面解像度は2,436×1,125になると予想されている。

価格はやはり価格は1,000ドル(約11万円)以上になる見通し。WSJは記事の中で「10th Anniversary Edition(10周年記念モデル)」と表現しているが、AppleがiPhone生誕10周年をアピールするかどうかは不明。

今回最も大きいのはiPhoneがついにLightningポートを捨て、USB-Cポートに切り替えるという情報。12インチ型MacBookの初代モデルが2015年に発表されて以来、AppleはMacBookおよび「MacBook Pro」の2016年モデルにもUSB-Cポートを採用している。

iOSデバイスがUSB-Cを採用するとなるとオオゴトだ。最大のデメリットは、既存のLightningアクセサリが一斉に利用不可になるということ。ただ、Androidスマートフォン向けに作られたUSB-C用アクセサリが利用できるため、Apple純正アクセサリに縛られずに済むというメリットもある。

個人的にはUSB-Cケーブルは規格や仕様がとにかく分かりづらいので可能であればLightningのままにしてもらいたいところだが、今年発表される「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」はLightningを採用し、ハイエンドモデルの「iPhone 8」のみUSB-Cという展開も起こり得るのか?!

先日、Ming-Chi Kuo氏は「iPhone 8」の内向きカメラが劇的に進化し、3Dセンシングや顔認識に対応すると伝えていたが、WSJはこのことについては触れていない。「iPhone 8」のRAMは3GB、ストレージ容量は64GB/256GBになると噂されている。

(via 9to5Mac

あわせて読みたい