「iPhone 8」のコンセプトイメージーーベゼルレスデザイン、ファンクションエリアを想像

Iphone 8 with function row

曲面になるかもしれない5.8インチ型有機ELディスプレイを持つベゼルレスデザインを採用し、ホームボタンを廃止する代わりに「ファンクションエリア」が用意されると噂されている。

AlHasan Husniさんが「ファンクションエリア」を含めたベゼルレスデザインを想像した「iPhone 8」のコンセプトイメージを公開していたので、紹介する!

「ダークモード」もイメージ!ホームボタンは「ファンクションエリア」に内蔵

正直なところ、「iPhone 7」の時点で左右のベゼルはほとんど無いが、今回のコンセプトイメージでは「Galaxy S7 Edge」のように湾曲しているため、正面から見ると左右のベゼルが全くないように見える。これが果たして使いやすいのか使いにくいのかは分からないが、「3D Touch」でアプリの切り替えをしている僕としては意外と使い勝手が向上するのではないかと最近考えている。

これまで「iPhone 8」のコンセプトイメージは紹介してきているが、「ファンクションエリア」を再現したのは今回が初めて。個人的には「MacBook Pro 2016」の「Touch Bar」のような存在を想像していたのだが、このコンセプトイメージではあくまでもバーチャルホームボタンが表示されているのみ。

Iphone 8 with function row

ホーム画面が表示されていない時は「Unlock with Touch ID」と表示されていることから、単なるベゼルではなくディスプレイであることが確認できる。

Unlock with touch id

動作しているOSも以前噂されていた「ダークモード」をイメージしているようで、「設定」アプリや「ミュージック」アプリが黒背景で表示されている。格好良い!

Iphone 8 with function row

「iPhone 8」は急速充電対応のLightningポートになり、劇的に進化した内向きカメラを搭載すると噂されている。同時に「iPhone 7s」「iPhone 7s Plus」も発表されると予想されているが、「iPhone 8」は他の2モデルとは異なり遅れて10月以降に発売されるという情報もある。

(via 9to5Mac