「iPhone 8」の「ファンクションエリア」を想像したコンセプトイメージ

IPhone 8 Function Area iDrop News Exclusive

次期iPhoneのプレミアムモデルはホームボタンが廃止される可能性が高い。ホームボタンがなくなる代わりに「ファンクションエリア」なるものが用意されるという噂があったこと、覚えているだろうか。

iDropNewsiPhone 8」の「ファンクションエリア」を想像したコンセプトイメージを公開していたので、紹介する!

理想は「Touch ID」が画面内蔵になること

iPhone 8」が全画面ディスプレイになることによって「iPhone 7」と変わらないサイズ感でありながらも「iPhone 7 Plus」以上のディスプレイを搭載することができ、「持ちやすいのに画面が大きい」といういいとこ取りが可能になる。

例えばSafariでブラウジングする際も一覧性が向上し、一度に表示される情報量が増える。「写真」アプリで編集する際も写真をより大きく表示することができるのは便利そうだ。
IPhone 8 Function Area iDrop News Exclusive

「Touch ID」が画面に内蔵されるのか背面に移動するのか定かではないが、やはり理想は画面内蔵。もし実現した場合は「Touch ID」が必要な時だけ画面上にバーチャル指紋センサーが表示され、指を置くとこれまで通り認証される。
IPhone 8 Function Area iDrop News Exclusive

Appleは「Touch ID」の画面内蔵に苦戦していると噂されているが、最近リークしたクリアケースの写真では背面側に「Touch ID」用の穴はなく、最終的に画面内蔵に成功するのではないかと期待している。

他にも音楽の操作用ボタンや着信時にボタンなどがファンクションエリアに表示されることを想像しているこのコンセプトイメージ。ホームボタンに占有されていたエリアを活かすこのUI、慣れるまでに時間が掛かるかもしれないが間違いなく便利だ。
IPhone 8 Function Area iDrop News Exclusive

最新の噂では次期iPhoneはワイヤレス充電および「Bluetooth 5.0」に対応すると伝えられている。

あわせて読みたい