ファンクションエリアを搭載した「iPhone 8」のコンセプトイメージが公開

Iphone 8 ios11 concept

2017年のiPhoneは3モデル展開となっていて、順当アップグレードモデルの「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に加えてハイエンドモデルとしての「iPhone 8」の登場が期待されている。

iPhone 8」は下部のベゼル部分が「ファンクションエリア」になり、ホームボタンが廃止され、ほぼ全面ディスプレイになる見通しとなっている。

ホームボタンはiPhoneが誕生して以来、あって当たり前だったもの。それがなくなった場合、一体どのようなiPhoneになるのか。

以前、ワイヤレス充電と全面ディスプレイ搭載の「iPhone 8」コンセプトイメージを公開していたTech Driven Timesファンクションエリアを搭載した「iPhone 8」のコンセプトイメージを公開していたので、紹介する!

iOS 11」で全面ディスプレイを活かしたUIに期待

近々発表が噂されている10.5インチ型iPadもベゼルレスデザインを採用すると噂されているが、FaceTimeカメラなど各種センサーを格納するために本体上部のベゼルが残ると言われている。恐らく「iPhone 8」も近いデザインを採用すると予想される。

全面ディスプレイになるということはホームボタンがあった場所もディスプレイになり、何かしらのコンテンツを表示することができるということ。必要であれば動画再生中にコントロールボタンを余ったスペースに配置することもできる。コントロールボタンは常時表示されている必要のないものなのでこのようなUIにはならないとは思うが……。
Iphone 8 ios11 concept

ホームボタンは廃止される見通しだが、ホームボタンとしての機能は画面内に埋め込まれると予想。画面内に「Touch ID」の機能が埋め込まれるのか、別の形になるのかは分からないが、従来のホームボタンの位置に指を置くことによって認証してくれるのであれば迷わなくて済む。何よりも格好良い。
Iphone 8 ios11 concept

カラーバリエーションに関しては少しイマイチ。全体的に高級感がなく淡いカラーリングになっているのはなぜだろうか。
Iphone 8 ios11 concept

また、ファンクションエリアにホームボタンを中心として左右にドックのような形でアプリを2つずつ配置しているが、これはさすがに無理があるような気がしてならない。通常のホーム画面と同じく4つの項目が廃止されるようなUIが基本になるのではないかと予想している。

以下、どうぞご覧あれ!

(via BGR

Apple新学期を始めようキャンペーン