2017年発売の「iPhone 8」、価格は1,000ドル(約11万円)以上に?!

Iphone8 concept image

やはり”プレミアムモデル”となると価格もプレミアムに?!

2017年に発表・発売される次期iPhoneはなんと1,000ドル以上(約11万円)以上の価格になるFast CompanyがAppleの計画に雪雨した人物から得た情報として報じている!

電池容量は大幅アップ、物理ボタンも全て廃止か?!

11万円と聞くとびっくりするかもしれないが、すでに「iPhone 7」の256GBモデルが税別94,800円であることを考えると11万円以上であることはある意味妥当かもしれない。

情報元によると、次期iPhoneの名称は「iPhone 8」になり、従来の液晶ディスプレイよりも原価が高い有機ELディスプレイを搭載。ワイヤレス充電やストレージ容量の増加なども価格アップに貢献し、”プレミアムモデル”としてブランディングが噂されていることから従来機よりも高い価格設定になるとのこと。

ディスプレイサイズは5.8インチ。他にも4.7インチ型「iPhone 7s」と5.5インチ型「iPhone 7s Plus」も同時に発表され、2017年のiPhoneは3モデル展開になると見られている。4.7インチと5.5インチモデルは有機ELディスプレイは搭載せず、従来通り液晶ディスプレイを採用する。

iPhone 8」のデザインについてはも「滑らかな黒い一枚岩のようで、視覚的に邪魔するものがほとんどないような洗練されたデザイン」とコメント。内容がオシャレすぎると言う説もあるが、要は一体感のあるデザインになっているということではないだろうか。過去にJony Ive氏が1枚のガラスで作られたようなデザインを求めていたと伝えられていたことから、そのイメージに近いのかもしれない。

電池容量は大幅にアップ。ホームボタンはまだ開発途中とのことで、やはり画面に内蔵される計画が進められているそうだ。音量ボタン、ミュートスイッチ、電源ボタンなどの物理ボタンもなくなる可能性があるとのこと。

AppleはLumentum社と共同で3Dセンシング技術の搭載も検討しているが、Fast Companyは同技術がどのように取り入れられるかは定かではないとしている。以前報じられた顔認証システムに関係するのだろうか。

「iPhone 8」はデュアルレンズカメラを搭載し、ガラスのボディをステンレススチールフレームで合わせた筐体になる模様。これは以前から報じられている情報と一致している。

発表・発売時期は例年通り9月頃を予定。

Apple新学期を始めようキャンペーン