学生みんなが特待生。

2017年発売のiPhone、やはりガラス製筐体と有機ELディスプレイを採用か

IPhone7 Concept

来月発表されるであろうiPhoneの外観デザインは「iPhone 6s/6s Plus」とほとんど変化が無いと予想されるが、来年発表されるであろうiPhoneは劇的に進化すると見られる。

Nikkei Asian Reviewによると、Foxconnは2017年に発表されるiPhone用にガラス製の筐体と有機ELディスプレイを開発していると報じている!

iPhone誕生10周年を記念するモデルは大幅刷新に期待

この情報は今年4月にKGI SecuritiesのMing-Chi Kuo氏が発表されたレポートの情報と一致している。現行モデルで採用されているアルミ製のボディから全面ガラス製に切り替え、ディスプレイも液晶ディスプレイから有機ELディスプレイに変更されると予想している。

実は全面ガラス製のiPhoneは初めてではない。「iPhone 4」では側面は金属製、フロントパネルとバックパネルをガラス製で挟み込むようなデザインを採用しているが、2017年のiPhoneもこれに近いデザインになると以前、噂されていた。また、採用される有機ELディスプレイは曲面ガラスになるとのことで、見た目は「iPhone 3G/3GS」に近くなるとも言われていた。

Foxconnはガラス製筐体の開発に少なくとも1年以上は取り組んでいるとのことで、シャープ買収を通じて独自の有機ELディスプレイの開発を進めているとのこと。

有機ELディスプレイの採用によって次期iPhoneは消費電力が抑えられ、より輝度が高く、ビビッドな発色が期待される。ユーザーとしてはメリットだらけであるようにも思えるが、液晶ディスプレイと比較して部品の単価が高く、来年のiPhoneの価格に影響する可能性もありそうだ。

これら以外にも、2017年のiPhoneは上下のベゼルをなくし、全面ディスプレイを採用し、ワイヤレス充電に対応するという噂もある。5.8インチモデルが登場するという話もあるので、iPhone誕生10周年を記念する新モデルは劇的な進化を遂げる可能性が高そうだ!

(via MacRumors