6.1インチ型液晶ディスプレイのiPhone、金属製ボディを採用か

IPhone 7 Plus 6s Plus Comparison 01

2018年のiPhoneは6.5インチ型「iPhone X Plus」に加えて6.1インチ型型の液晶ディスプレイモデルが登場し、「iPhone X」の後継モデルと合わせて3モデルが同時に発表されると噂されている。

Nikkei Asian Reviewも同様の内容を報じているが、新情報として液晶ディスプレイモデルが金属製ボディを採用すると報じている。

液晶ディスプレイモデルはワイヤレス充電に非対応か

Appleの製品デザインに精通している情報元からの情報によると、iPhone X Plus」は6.2〜6.3インチの有機ELディスプレイを搭載すると伝えられ、情報精度が比較的高いKGI証券のMing-Chi Kuo氏の6.5インチという主張とわずかに食い違う。

液晶ディスプレイモデルは複数のカラーモデルが用意され、Pegatronの子会社Casetekが製造を担当する可能性があるとのこと。

これまでの報じられてきた噂によると、2018年のiPhoneは全モデル「Face ID」を採用し、LTE通信速度を高速化すると伝えられている。

iPhone 8/8 Plus」および「iPhone X」はいずれもワイヤレス充電に対応していることから、あえて来年のモデルでワイヤレス充電を非対応にすることは考えづらいが、ホームボタンのない”スマホの未来”を浸透させるためにコストを抑えた全画面モデルを投入する、という戦略なのだろうか。

金属製の筐体でもワイヤレス充電を可能にする技術を搭載することも考えたが、下位モデルとして位置付けられるであろう液晶モデルに採用するぐらいなら、有機ELモデルにも採用しそうな気が。

2018年のiPhoneが発表されるのはまだまだ先のこと。現時点での噂は話半分として楽しみましょう!

(via MacRumors

FOLLOW / 最新情報を購読