2018年のiPhoneは3モデル展開、有機ELディスプレイを採用か

IPhone 8 Size Comparison iDrop News

Appleは2018年に3種類のiPhoneを発表し、全モデル有機ELディスプレイを採用するNikkei Asian Reviewが報じている。

2017年に発表されるiPhoneも3モデル展開になると予想されているが、有機ELディスプレイを搭載するのは「iPhone 8」と呼ばれているプレミアムモデルのみ。「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の後継モデルとして登場する予定の残り2モデルは液晶ディスプレイが採用される見通し。

液晶ディスプレイ搭載モデルは2019年前半まで販売が継続される予定。数日前、AppleがLG Displayの有機ELディスプレイ工場に投資を計画していると報じられたばかり。2年後を目処にiPhoneのディスプレイを有機ELディスプレイに切り替える方針なのかもしれない。

まだ先の話なのでAppleの計画はいくらでも変わる可能性はあるが、個人的に2018年のiPhoneで気になっているのは「Touch ID」の有無。KGI証券のMiing-Chi Kuo氏によると「「iPhone 8」は「Touch ID」が非搭載とのことで、Bloombergは「Touch ID」の代わりに3D顔認証を採用すると報じている。

2018年のiPhoneは「網膜スキャン機能」を搭載するという噂もあるが、果たしてどうなるのだろうか。

(via 9to5Mac