「iPhone 8」、やはり5.8インチ型有機ELディスプレイ搭載する説が濃厚

Iphone 8 ios11 concept

今のところ2017年に発売されるiPhoneは合計3モデル用意され、うち2つが既存モデルのアップグレード版となり液晶ディスプレイを搭載し、1つは有機ELディスプレイを搭載した5.8インチモデルになると噂されている。

Nikkei Asian Reviewは過去に5インチ含む3モデル展開になると報じていたが、最新の報道ではiPhone 8」が5.8インチ型有機ELディスプレイ搭載すると伝えている!

Appleは「iPhone 8」を「何インチモデル」とするのか

4.7インチモデルと5.5インチモデルに加えて5.8インチモデルが登場すると予想される2017年発売のiPhoneシリーズ。ハイエンドモデルとして位置づけられる5.8インチモデルは有機ELディスプレイを搭載し、ホームボタンが廃止される代わりに「ファンクションエリア」が用意されると言われている。

いわゆるホーム画面となる有効エリアは5.15インチになり画面解像度は2,436×1,125になるという予想もあるが、当然ながら真相は不明。実際、Appleが「iPhone 8」を「ファンクションエリア」を入れて「5.8インチ」とするのか、「ファンクションエリア」を除いて「5.1インチ」とするのか、気になるところ。

最新の噂によると「iPhone 8」はホームボタンを失う代わりに画面に埋め込まれた指紋センサーを搭載すると言われている。ただし、発売も液晶ディスプレイ搭載モデルと異なり数週間遅れての発売になるという噂もあり、昨年のジェットブラックモデル同様の予約合戦が勃発しそうな予感。

「iPhone 8」は急速充電ワイヤレス充電に対応する可能性もあるが、価格も”ハイエンド”になるらしいので購入予定の人は今からコツコツとお金を貯めておくべし!

(via MacRumors

あわせて読みたい