iPhone、2017年に大幅刷新?!有機ELの曲面ディスプレイ採用、5.8インチモデル登場、ワイヤレス充電対応か

Strange iphone7 concept movie 【非公式】斜め上すぎてもはや意味不明!画面が広がる「iPhone 7」のコンセプトムービーが話題

2年おきにメジャーアップデートされてきたiPhone。本来であれば今年発表されるiPhoneがそうであるはずだが、今のところヘッドホン端子がなくなることを以外、外観が劇的に変化するという噂はない。むしろ、最新情報によると劇的に進化するのは来年発表予定のモデルになりそうだ!

KGI SecuritiesのMing-Chi Kuo氏によると、Appleは曲面ガラスを採用した有機ELディスプレイを搭載するなど2017年にiPhoneのラインナップを大幅刷新する予定だと報じている!

iPhone 4」に似たガラスを取り入れたデザインを採用

Kuo氏によると、2017年に発売される新型iPhoneは「iPhone 4」のようなデザインを採用すると発表。これは「iPhone 4」の外観を取り入れると言うよりは、「iPhone 4」のように側面は金属製、フロントパネルとバックパネルをどちらもガラスで挟み込むようなデザインにするということ。

どちらの面も曲面ガラスになることから、「iPhone 3G/3GS」のようなデザインに近づく可能性がありそうだ。Kuo氏曰く、「完全に新しいデザインとなり、よりグリップ感が増す」としている。

以前、有機ELディスプレイ搭載の5.8インチ型iPhoneの準備が進められていると報じられていたが、Kuo氏も同様の予想をしていることが明らかになった。


5.5インチディスプレイを搭載する「iPhone 6 Plus/6s Plus」よりも大きいディスプレイサイズだが、本体サイズは現行モデルよりも小型化するという。5.8インチモデルが登場した場合、5.5インチモデルを置き換えると予想されている。

4.7インチモデルに関する情報が特にないが、曲面ガラスの採用が大きいモデルに限定された場合、「Galaxy S7」と「Galaxy S7 Edge」のようなラインナップになるのかもしれない。


刷新されたデザイン、5.8インチモデルの投入に加え、ワイヤレス充電の対応も来年発表予定のiPhoneに採用される可能性があるそうだ。以前から何度もワイヤレス充電対応に関する噂は報じられているが、以前話題になった「充電パッドと離れていても充電されるワイヤレス充電」が採用されるかどうかについては不明。


他にも新しい生体認証機能が追加されると言われている。顔認証や虹彩認識などが採用される可能性がありそうだ。

2年ごとにメジャーアップデートしてきたiPhoneだが、今年から3年に伸ばすのだろうか。「iPhone SE」で消滅したナンバリングだが、今年から発表されるiPhoneもナンバリングが消えるのだろうか。今後の動向に引き続き注目だ。

 SIMフリーのiPhoneはApple公式サイトから購入するべし!

  • 学生・教員・PTA役員限定 ▶ 学生・教員向けストア

  • (via AppleInsider9To5Mac

    あわせて読みたい
    もっと読みたい

    gori.meの最新情報をチェック!!

    1. 「Apple Pencil 2」、新型「iPad Pro」と同時に2017年3月に発表か
    2. 「iPhone 8」、5.8インチ型の全面ディスプレイに?!各種センサーは画面内に内蔵、新センサーも搭載?!
    3. TUNEWEAR、「ALMIGHTY DOCK TB1」を発表!最大40Gbpsの高速通信、最大5Kまでのディスプレイ出力に対応
    4. 「iPhone 8」、高速ワイヤレス充電対応か?サプライヤーがチップを提供へ
    5. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法