「iPhone 8」、5.8インチ型の全面ディスプレイに?!各種センサーは画面内に内蔵、新センサーも搭載?!

IPhone 8 concept image 05

2017年のiPhoneは4.7インチ型ディスプレイ搭載の「iPhone 7s」と5.5インチ型ディスプレイ搭載の「iPhone 7s Plus」に加えて、5.8インチ型曲面有機ELディスプレイを搭載した「iPhone 8」が発表されるAppleInsiderが報じている。

これは、Cowen and CompanyのアナリストTimothy Arcuri氏がAppleのサプライチェーンから入手した情報が元となっている。今年は「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」が順当にスペックアップしたモデルと同時に10周年記念モデルに相応しいハイエンドモデルが発表される可能性があるようだ!

顔認証技術を可能にする新しい赤外線センサーを搭載?!

これまでの噂では「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」は従来通り液晶ディスプレイを採用すると伝えられていたが、Arcuri氏によるとこれらのモデルにも有機ELディスプレイを採用する可能性があるとのこと。

今回噂されている5.8インチ型ディスプレイの「iPhone 8」は側面までを覆うような「ラップアラウンド・デザイン」を採用し、イヤピースやFaceTimeカメラ、「Touch ID」などの各種センサーはすべてディスプレイの中に埋め込まれるとのこと。

以前、Appleはディスプレイ上どこを触っても指紋認証が可能になる特許を取得したことが明らかになっていた。Arcuri氏はAppleがSynaptec社の光学技術を使用した指紋認証機能を採用する可能性があると伝えている。

他にも「iPhone 8」は顔認証技術やジェスチャー認識技術に対応すると予想されている。これは、FaceTimeカメラ付近に新たに設置される赤外線センサーによって実現するとのこと。また、ワイヤレス充電にも対応する模様。

iPhoneの2017年モデルが3モデル展開になるという噂は以前から報じられていたが、最近は4.7インチと5.5インチの中間を狙った5インチモデルが追加されるという噂もある。他にも防水性能が「iPhone 7」よりもさらに強化されIP68等級になり、表裏はガラス製でステンレススチール製のフレームを採用と言われている。