「iPhone 7」、やはり感圧タッチ式のホームボタンを採用か?!

gori.me × pakutaso コラボ企画

次期iPhoneのホームボタンは「押しているのに押していない」ボタンになりそうだ。

以前、9To5Macが匿名の情報筋から得た情報として「iPhone 7」が感圧タッチ式のホームボタンを採用する可能性を報じていたが、Business Insiderによると、Cowen and CompanyのアナリストもやはりiPhone 7」は感圧タッチ式のホームボタンを採用する可能性があることを指摘している!

ヘッドホン端子の廃止、防水仕様になると予想

感圧タッチ式のホームボタンがiPhoneにも採用されることはそれほど驚きではない。技術的には12インチ型MacBookや13/15インチ型「MacBook Pro Retina」でも採用されていることから、同様の仕組みで実装されるのではないかと予想される。

新しいホームボタンは画面と同じ高さになり、Macと同じ原理で動作するのであれば電源オフ時は物理的にほぼ動かない。ホームボタンの故障が減る可能性がある一方で、強制再起動が既存の方法ではできなくなる。感圧タッチ式のホームボタンが採用された場合、強制再起動するためのボタンの組み合わせが変更される可能性は高い。

現在はスクリーンショットもホームボタンを使うが、それは変わるのだろうか。電源が入った状態で行う動作だから変わらないのかな。

アナリストは他にも次期iPhoneがヘッドホン端子を廃止することや防水仕様になることを予想している。ヘッドホン端子の廃止は間違いなさそうだが、防水仕様についてはここ最近報じられる頻度が高く、実現する可能性は十分にありそうだ。

(via 9To5Mac

FOLLOW / 最新情報を購読