「iPhone 8」は高速充電に対応し、「Tap to Wake」が利用可能に?!

Iphone 8 concept image

今年発表される次期iPhoneは「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に加えて、「iPhone 8」が登場するかも?!

2017年に発表・発売されるiPhoneは高速充電に対応し、Androidスマートフォンに搭載されている「Tap to Wake」機能に対応していると、Sonny Dickson氏から提供された情報としてForbesが報じている!

「iPhone 7s/7s Plus」と「iPhone 8」が同時発表?!

高速充電対応を聞いて一部の人は「Quick Charge」が頭をよぎる人も多いと思うが、次期iPhoneに採用される「Tristar 3, Hydra」ポートはQualcomnm製ではないため、「Quick Charge」に対応する可能性は低いと見られる。

また、一部ではMacBookシリーズで積極的に採用しているUSB-CポートをiPhoneやiPadに採用するのではないかという憶測もある。将来的にはそのような動きがあるかもしれないが、少なくとも直近ではLightningポートが突然USB-Cポートに変わることは無さそうだ。突然、手元にあるLightningアクセサリが使えなくなる心配はしなくても良さそう。

「Tap to Wake」はiPhone一筋の人には馴染みのない機能かもしれないが、名前の通り画面をタップするだけで通知を確認することができる機能のことだ。

iOS 10」からは比較的新しいiPhone限定でiPhoneを持ち上げると画面が点灯する「Raise to Wake」機能が提供されている。「Tap to Wake」は持ち上げる必要もなく、画面を触るだけで点灯するので便利。

興味深いのは、この「Tap to Wake」機能が今年発表されるハイエンドモデル「iPhone 8」限定の機能になる、と報じられていること。「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」のデザインを踏襲する「iPhone 7s」「iPhone 7s Plus」では利用できないとされている。

最新の噂では2017年のiPhoneは5インチモデルが加わり新しいセンサー技術搭載の曲面有機ELディスプレイを搭載すると言われている。カラーラインアップに「レッド」モデルが追加されるという情報もある。