「iOS 10.1 Beta」、開発者向けにリリース!「ポートレートモード」が利用可能に

Portrait Mode for iPhone7Plus

本日、Appleは開発者向けに「iOS 10.1 Beta」をリリースした!「iOS 10」正式リリース後、初のベータ版リリースとなっている。

今回のベータ版ではiPhone 7 Plus」のデュアルレンズカメラを活かした「ポートレートモード」が有効化され、被写体の後ろ側をぼかすことができる「被写界深度エフェクト」が利用可能になった。早速使っているハンズオン動画が公開されていたので、紹介する!

人物以外にも利用可、被写体と一定の距離が必要

9To5Macが実際に最新機能を試した結果について報告している。

まず、大前提としてこの機能は「iPhone 7 Plus」限定だ。「iPhone 7」に「iOS 10.1 Beta」をインストールしても同機能は有効化されない。

「ポートレートモード」で撮影するには十分な明るさが必要であり、暗い場所で撮影しようとすると光量不足の警告が表示されるという。動画撮影時には利用できない。

撮影するためには最低でも約3メートル離れる必要がある。「ポートレートモード」という名前の通り、人物を美しく撮影するための機能としてアピールされていたが、物撮りでも十分に「被写界深度エフェクト」を堪能することができる

実際にどの程度の効果があるのか。下記にビフォー・アフターの写真を載せておく。ベータ版とは言え、とてもいい感じのボケが出ている。

まだあくまでもベータ版であり今後ブラッシュアップされると期待される。「ポートレートモード」は今年中にアップデートとして「iPhone 7 Plus」ユーザーに提供される予定となっている。他にも多数のサンプル写真がTechCrunchで公開されているので、併せてどうぞ!


(via 9To5Mac