iOS 16

New

新型Siri Remote、iOS 16のベータ版から発見

iOS 16の概要

WWDC22 2022 Keynote 2433

iOS 16は、WWDC22で正式発表されたiPhoneとiPod touch向けのOS。2022年秋に一般公開を予定している。

ロック画面のカスタマイズ性が大幅に強化され、時計のフォントやカラーの変更、ウィジェットの追加、複数のロック画面の設定が可能になった。Apple Watchの文字盤の仕組みを、iPhoneのロック画面で再現したような機能になった。

通知の表示も見直され、画面下部に表示される仕様になった。通知数の多いアプリは、ライブアクティビティのAPIを組み込むことで、リアルタイム情報をロック画面上で確認できるようになる。

集中モードはロック画面と連動する仕組みが追加される他、集中モードフィルが用意されている。

iCloud共有写真ライブラリは、最大6人までのユーザーで1つの写真ライブラリを共同で管理できる機能。家族間における写真共有が楽になる。

メッセージは、送信内容の取り消しや編集、削除した内容の取り消し、会話の未読化などの新機能が追加。メールも送信の予約や取り消し機能が追加されている。

テキスト認識表示」はiOS 16で待望の日本語対応を果たした。静止画だけではなく動画にも認識対象を拡大している。「画像を調べる」は背景から被写体を切り抜ける機能が加わり、鳥、昆虫、彫像が認識可能になった。

他にもフィットネスiPhoneアプリの追加、ホームアプリの刷新、音声入力とタッチ入力の切り替え、ペアレンタルコントロール強化、Safariのタブ共有機能やパスワード簡略機能「パスキー」の追加、ヘルスケアアプリの「服薬」機能の追加が行われている。

iOS 16注目の新機能

ロック画面が改良(時計カスタマイズ、ウィジェット)

iOS 16は、ロック画面が大幅に改良。被写体の奥に時計を配置したり、時計のフォントやカラーをカスタマイズ可能になった。
WWDC22 2022 Keynote 439

Apple Watchのコンプリケーションから着想を得たという、ウィジェット機能が追加。今後予定されているカレンダーのイベント、天気、バッテリー残量、アラーム、時間帯、アクティビティリングの進捗などの様々な情報を一目で簡単にチェックできる。
WWDC22 2022 Keynote 501

壁紙はApple Watchの文字盤のように、スワイプで切替可能。必要な情報によって表示を切り替えられる。
WWDC22 2022 Keynote 557

リアルタイムの情報が多いアプリは、「ライブアクティビティ」機能を組み込むことで、ロック画面上に情報がリアルタイム更新される。スポートの試合、ワークアウト、配車アプリなどが便利そうだ。
WWDC22 2022 Keynote 627

ロック画面の通知

通知の位置は、画面下に移動。ロック画面が通知で覆われる心配がなくなる。
WWDC22 2022 Keynote 593

集中モード

iOS 16では、ロック画面と関連付けて、ロック画面の壁紙やウィジェットと特定の集中モードが連動可能になった。対応するロック画面へのスワイプで自動的に有効化される。

カレンダー、メール、メッセージ、Safariなどのアプリケーションでユーザーの集中モードに関連するコンテンツだけを表示できる「集中モードフィルタ」も追加された。

iCloud共有写真ライブラリ

iCloud共有写真ライブラリは、家族間の写真共有が楽になる新機能。最大6人のユーザーが共同作業したり、追加したり、楽しむことができる、個人のものとは独立したiCloudライブラリだ。

カメラアプリにも組み込まれ、撮影した写真を直接共有ライブラリに保存することもできる。

メッセージ

メッセージアプリは、以下の3機能が追加された。

  • 送ったばかりのメッセージの編集または取り消し
  • 最近削除したメッセージの復元
  • 後で対応できるように会話の未読化

また従来はFaceTimeに限定されていたSharePlayに対応し、メッセージでチャットしながら、映画や曲などのコンテンツを同期した状態で視聴したり、再生コントロールを共有したりして楽しめる。

メール

メールアプリには、送信の予約機能、受信者の受信ボックスに届く前の短い間にメッセージの送信を取り消す機能が追加。メールの添付忘れをユーザーに通知してくれる。返信を受け取っていないEメールのフォローアップをするよう、ユーザーに自動的にリマインドする「フォローアップの提案」機能も用意された。

検索機能も改良。検索ボックスをタップすると、最近のEメール、連絡先、書類、リンクが表示される仕組みになった。

「テキスト認識表示」と「画像を調べる」の機能強化

画像内のテキストを認識する「テキスト認識表示」機能は、iOS 16で日本語に初めて対応。認識対象を動画まで拡大し、再生を一時停止すれば、フレーム内に表示されたテキストを認識できる。テキストの読み取りに加え、表示されている通貨の変換、翻訳などのの機能も利用できる。

画像を調べる」機能は、画像内の対象物を長押しして背景から抜き出し、メッセージなどのアプリケーションに配置できる新機能が導入。また認識対象に鳥、昆虫、彫像が加わった。
Dragging Images from photo

その他の機能

Safari

  • 友達や家族とウェブサイトのコレクションを共有するための共有タブグループが追加。
  • パスワードに代わるものとして設計された「パスキー」が追加。

Appleマップ

  • 複数の経由地を持つ経路が導入。最大15箇所まで。
  • 移動にかかる運賃の確認、交通系ICカードのウォレットへの追加、残高の確認やチャージなどが確認可能に。

ペアレンタルコントロール

  • 新しいデバイスのセットアップ時に既存のペアレンタルコントロールを自動的に適用する機能の追加。
  • スクリーンタイムの延長をメッセージアプリ上で対応可能に。

音声入力

  • 音声とタッチの間を簡単に切り替えられるように。
  • 句読点の自動入力と絵文字の音声入力機能に対応。

ホーム

  • アプリが刷新。
  • スマートホームの接続規格である「Matter」に今年秋の提供開始後に対応。

フィットネス

  • iPhoneにフィットネスアプリが追加。

ヘルスケア

  • 「服薬」機能が追加。服薬リストを便利に作成および管理したり、スケジュールとリマインダーを作成したり、薬、ビタミン、サプリメントの服用を記録できるように。

iOS 16の対応機種

  • iPhone 13、iPhone 13 mini、iPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Max
  • iPhone 12、iPhone 12 mini、iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Max
  • iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max
  • iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR
  • iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plus
  • iPhone SE (第3世代、第2世代)

iOS 16のダウンロードとインストール

iOS 16は、6月7日より開発者向けにベータ版を配信開始。パブリックベータ版は7月以降に提供を予定している。一般向けには今秋、無料のソフトウェアアップデートとして提供される。

「iOS 16」新着記事

トレンド検索