「iPhone 8」、新しいセンサー技術搭載の曲面有機ELディスプレイ搭載か

Iphone 8 concept image

「iPhone 8」は曲面有機ELディスプレイを採用するKorea Heraldが関係者からの得た情報として報じている。ディスプレイの素材もガラスではなく、「Galaxy S7 Edge」にも採用されているプラスチック製になると伝えている。

情報元によると、次期iPhoneは新しいセンサー技術を採用し、Samsungスマートフォンを差別化を図るとのこと。ディスプレイのどの側面に触れても反応することが可能になるそうだが、実際にこの技術を採用するかどうかは明らかになっていない。

SamsungがAppleに提供する曲面有機ELディスプレイの供給量は7,000万台から1億台とされている。ただし、Appleは年間2億台のiPhoneを売るとされているため、需要の半分も満たすことができない。

少なくとも2017年は曲面有機ディスプレイの供給に関してはSamsungに頼ることしかできないApple。幸いにも2018年を目処にLGはAppleを含む大手メーカーにスマートフォン向けのフレキシブルディスプレイを提供する計画があると報じられていた。

他のモデルのディスプレイは従来通りの液晶ディスプレイを採用。LGとジャパンディスプレイが供給元になる模様。

先日、2017年のiPhoneは「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」になると報じられ、マイナーアップデートに留まるのではないかという噂もあったが、今回の情報によると曲面有機ELディスプレイを採用した”プレミアム”モデルを発表する計画はまだあるようだ。

これまで「iPhone 8」はワイヤレス充電に対応し、「3D写真エフェクト」が撮影可能になる新しいデュアルレンズカメラを搭載などの噂が報じられている。曲面有機ELディスプレイモデル含む10種類以上のプロトタイプをテストしているとの情報もあるので、過度な期待や失望は気をつけましょう!

(via MacRumors