有機ELディスプレイ搭載の「iPhone 8」、有効画面エリアは約5.2インチ相当に?!

IPhone 7 Plus Jet Black

次期iPhoneは3モデル展開となり、最上位モデルのみ有機ELディスプレイを搭載するとされている。

Ming-Chi Kuo氏によると、Appleが準備している「iPhone 8」シリーズの”プレミアムモデル”は5.8インチ型有機ELディスプレイを搭載するものの、有効画面エリアは5.1インチから5.2インチのサイズになると予想している!

iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」の間の筐体サイズ?

これまでNikkei Asian Review5インチモデルが追加されると報じ、Barclays Researchのアナリスト5インチモデルと5.8インチモデルが追加されると予想していた。

一方、Kuo氏は早い段階から5.8インチモデルが追加されることを主張。ただし、実際にiPhoneのディスプレイ部分として使用するのは5.1インチ〜5.2インチ相当のエリアのみになるというのだ。

では、残りのエリアは一体どうなるのか。Kuo氏は「デザインの都合上」と説明し、以前から噂されている端末の側面まで回り込むような曲面ディスプレイがやはり採用されると指摘している。「Galaxy S7 Edge」のように特別なUIが用意されるかどうかは明らかになっていない。

Strange iphone7 concept movie

「iPhone 8」の”プレミアムモデル”として位置づけられるモデルは実質5.2インチディスプレイモデルということになり、「iPhone 8」より大きく、「iPhone 8 Plus」よりも小さい筐体を持つことになる。噂通りホームボタンを内蔵したディスプレイを搭載した場合、上下のベゼルもなくなり4.7インチモデルに近いサイズになりそうだ。

なお、2017年には液晶ディスプレイを搭載した4.7インチモデルと5.5インチモデルが用意されるとのこと。これらは「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」の後継モデルとして発表されるが、筐体はガラス製になると伝えられている。

(via MacRumors