学生みんなが特待生。

Foxconn、「iPhone 8」向けのワイヤレス充電システムを開発中か

IPhone 8 Concept Image

噂通りであれば何もかもが劇的に進化する2017年の「iPhone 8」。以前から何度も噂され、実装されると期待されるのがワイヤレス充電機能

Nikkei Asian Reviewによると、Foxconnは「iPhone 8」に採用されると予想されるワイヤレス充電システムを開発していると報じている!

ワイヤレス充電機能はプレミアムモデル限定に?!

Foxconnが開発しているワイヤレス充電システムが「iPhone 8」に採用されるかどうかは現段階では不明。まだ歩留まりや完成度を高める段階にあるため、予想される需要に対応できるかを見定める必要がある。

来年は世界中が注目するiPhone生誕10周年を飾るメジャーアップデートモデルであることから、期待に応えることができれば、需要は例年と比べて高いと見られる。そのため、歩留まりに対する意識は例年に比べてよりシビアになりそうだ。

情報元によるとワイヤレス充電機能はすべてのモデルではなく、プレミアムモデル限定の機能になるという。これまではその”プレミアムモデル”として5.5インチモデルが位置づけられ、シャープ製の曲面有機ELディスプレイを採用すると報じられていた。

5インチモデルが追入されるという噂もあったが、AppleInsiderは独自の調査によって事実ではないと伝えている

iPhoneがそろそろワイヤレス充電に対応しても不思議ではない。以前、Bloombergを情報元としてAppleが2017年実装を目処にiPhoneを始めとしたiOSデバイス向けに新しいワイヤレス充電機能を準備していると報じていた。

本来、ワイヤレス充電と言えば充電パッドの上に端末本体を置かなければ充電できない仕様になっているが、Appleが開発を進めているとされる技術はデバイスがある程度充電パッドから離れていても充電可能だという。

昨年7月にはQualcommから充電パッドの範囲内であれば数センチ程度離れていても給電可能である他、金属製の筐体を持つデバイスでも充電できるワイヤレス充電システムが発表されるなど、Appleの求める高い基準を満たす技術は出揃いつつあるのかもしれない。

(via AppleInsider