学生みんなが特待生。

「iPhone 8」は全面ガラス製、VR対応、デスクトップを上回る性能に?!

IPhone 8 Concept Image

2017年に発表される「iPhone 8」は僕らの予想を超える、極めてハイパフォーマンスなモデルになる……かもしれない。

元マイクロソフト社員で著名ブロガーとして知られるRobert Scoble(ロバート・スコーブル)氏によると、「iPhone 8」はやはり全面ガラス製になり、デスクトップを上回る性能を持つことによってVRに対応すると自身のMediumFacebookで書いている!

モバイル業界を抜本から変えるテクノロジーを準備中?

にわかに信じ難い情報もあるものの、彼が主張する内容は以下の通りだ。

まず、デザイン面に関しては全面ガラス製になるという。これは以前からも報じられている情報の通りだが、ゴリラガラスが内部をサンドイッチした状態で、表面はポリカーボネートで覆われるという。また、複数の情報筋からやはり有機ELディスプレイを採用することを確認しているそうだ。

注目すべきはパフォーマンスに関する予想。「ユーザー視線の中心部分のみ高解像度で描画し、その他の部分を低解像度で描画する」という、アイトラッキング機能に基づいた新しいレンダリング技術「Foveated Rendering」(参考:GAME Watch Watch)のお陰でNVIDIA製1080カード搭載するデスクトップマシーンより高いフレームレートとポリゴン数を実現できる、と断言している。Appleは「iPhone 8」が眼球センサー付きヘッドセットに挿入するとVRマシンとして可動する仕組みを用意していると言うのだ。

他にも2013年に買収したKinectのセンサーを作った3Dセンサー開発企業「PrimeSense」の技術を活かし、次世代3Dセンサーを搭載するという。このセンサーこそがAppleは「モバイル業界を抜本から変えるテクノロジー」だと言っているが、詳細は明らかになっていない。

「iPhone 8」のバッテリーやアンテナはスクリーンの外周部の隅に配置されるとのこと。

これまでの情報と照らし合わせると、Appleが全面有機ELディスプレイを来年のiPhoneに採用する可能性は高く、ガラス製の筐体も開発と研究が進められているそうだ。

ただ、デスクトップを凌駕するパフォーマンスやVR対応に関しては、正直、未知数だ。情報の精度には定評がある人物だそうだが、あまりにも現実離れしているためピンとこない。

10周年モデルとなる来年のiPhone。Appleは僕らの期待を超えてくるのか。

(via 気になる、記になる…