Foxconn、3月末までには通常通りの生産体制に戻る見通し

数々の新製品を控えているAppleにとっては非常にグッドニュース

Tim cook visiting foxconn

Foxconnは、3月末までに通常通りの生産体制に戻る見通しだ。Bloombergが報じた。

新型コロナウイルスの影響で、Foxconnを筆頭に多くのサプライヤーは稼働することができず、工場の稼働率は生産能力の30〜50%程度に留まっているとされていた。

Foxconnが公開した証券取引所の報告書によると、現時点では例年の生産能力の50%だという。「3月末までには完全に稼働できる見通し」と報告している。

Nikkei Asian Reviewは、工場の稼働率低下、労働力や物流輸送の不足により、iPhoneの供給不足は4月頃まで続く見通しとしていた。

Appleは、3月末に低価格帯の新型iPhone(iPhone SE 2またはiPhone 9)、今秋には「iPhone 12」を発売すると噂されている。Foxconnの一時的な生産能力低下が、これらの計画に影響を及ぼしているかは不明。

ストーリータイムライン
関連キーワード
コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Appleニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索