iPhoneの生産状況、2020年第2四半期まで改善しない見通し

iPhone用のカメラレンズが生産できず、在庫も1ヶ月未満、従来通りに生産できるのは早くても5月頃になる見通し

Selwyn van haaren vBPpeuZxjzs unsplash iphone with home button

TFIアナリストのMing-Chi Kuo氏は、iPhoneの生産状況は第2四半期まで改善しないとの予測を発表した。

iPhone用のカメラレンズを生産しているGenius Electronic Opticalの出荷数が過去1ヶ月で大幅に下落。在庫も1ヶ月分に満たない量しか確保されておらず、従来通りに生産できるのは早くても5月頃になるという。

新型コロナウイルスの影響により、FoxconnやPegatronをはじめとしたAppleのサプライヤーは大きな打撃を受けている。Kuo氏は先月9日、工場の稼働率は従来の40〜60%に留まっていると伝えていた。

Kuo氏によると、Appleは低価格帯の新型iPhone(iPhone SE 2またはiPhone 9)は2020年前半までに発売すると予測。今年1月時点では「iPhone 12」も計画通り進められているとしていたが、新型コロナウイルスの被害が拡大する中、当初の計画通りに進められているかは不明だ。

ロイターは先月26日、「iPhone 12」の製造準備に遅れが発生している可能性があると報じていた

(Source: MacRumors

ストーリータイムライン
4本の記事を表示する
関連キーワード
コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索