iPhone 12、新型コロナウイルスの影響で製造準備に遅れか

まだ計画通りに進める猶予はあるが、渡航制限によって暗雲が立ちこめ始めた

Jorgen asmundvaag w7LNlLfdemg unsplash iphone11pro

新型コロナウイルスの影響で、次期iPhone(iPhone 12)の製造準備に遅れが発生している可能性がある。Reutersが報じた。

例年であれば、次期iPhoneの製造準備は一般的に夏にスタートすることが多く、Apple従業員は、年初の数カ月間で製造工程確認のため、中国にあるFoxconnなどのパートナーを訪問する。関係者によると、旧正月後にプロトタイピングから製造へと切り替わり、2月には製造工程を確認する「engineering validation」(製造検証試験)の最終段階にあるはずだという。

AppleとFoxconnは、3月から4月にかけて組み立ての試験運用を行い、4月から5月にかけて最終調整を行う。

工場の稼働率も例年より低く、中国便も飛んでない

新型コロナウイルスの影響で、Foxconnを筆頭に多くのサプライヤーは稼働することができず、工場の稼働率は生産能力の30〜50%程度に留まっていると見られている。また、Appleがビジネスクラス航空券を毎日50席分買っていることで知られるユナイテッド航空は、中国便の一部を4月24日まで削減している。

サプライチェーンの専門家によると、AppleはiPhone 12シリーズを計画通りに進める猶予はあるが、渡航制限の影響により難しくなっているそうだ。

Appleは現地時間17日、2020年第2四半期の業績予測を下回る見通しを発表新型コロナウイルスの影響により旧正月の復帰に遅れが発生し、iPhoneの供給が一時的に制限されていることを要因の1つとして挙げている。

(Source: MacRumors

関連情報
更新日2020年03月04日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索